【卵で精力増強】卵を食べて精力アップする方法

デカチン研究所松島です。

卵と精力増強の関係についてお話ししていきます。

 

松島イチオシ精力剤

松島のおすすめ精力剤は、ヴィトックスα。

勃起力をささえる、L-シトルリン、L-アルギニン、亜鉛がマックスパワーで配合されている。

精力増強サプリはほとんどが同じ主成分なので、コスパの良さで決めるのが正解!

2021年現在、1箱を13,824円で購入するともう1箱付いてくるので、実質1箱約6,912円になる!!

松島が3年飲んでる精力増強サプリ!

\ 8/23まで一箱無料! /
精力剤
ヴィトックスα公式


泌尿器科の医師も認めた実力だから安心!

 

AV男優志良玉弾吾お勧めの方法

 

AV男優の志良玉弾吾推奨の生卵自論

志良玉弾吾は、1973年生まれのAV男優です。

いわゆるシニア世代の男優ですが月20本ほどAV撮影をこなす凄腕の人物です。

そんな志良玉弾吾の力の源は、生卵を飲む事で、AV撮影前日の朝晩に生卵を3個ずつ、殻を割って直接飲み干すと話しています。

 

【生卵とゆで卵】
生卵を食べると精力増強に効くと良く言われる
風邪の治療の卵酒も生卵

おススメ出来ない方法

志良玉弾吾は、バイアグラを試した事もある様ですがバイアグラは、心臓の鼓動が早くなり、身体への負担が非常に大きかったと話しています。

もちろん、バイアグラの使用は、体質的なものもあるのですが、シニア世代になると心臓も成人に比べると劣っている場合が高いので非常に厳しいようです。

そのため、薬が苦手なシニアには、生卵が特にお勧めだと言います。

 

卵の魅力

卵は、アレルギーさえなければ、何も心配もない食物です。

また市販の精力剤やサプリメントと比べるとはるかに安価で効果も大きいです。

生卵が苦手な人は、ゆで卵やスクランブルエッグでも効果が出ると言いますので是非、実践して欲しいです。

 

 まとめ
生卵は、月20本ほどAV撮影をこなす志良玉弾吾推奨の精力増強食材である

バイアグラはシニア世代には身体の負担が大きい

生玉子は安価でゆで卵やスクランブルエッグでも効果が高いのでオススメである

卵の滋養強壮効果

 

 

卵の栄養価

卵は、昔のお見舞いに持ってこられる方もいる程、滋養強壮に優れた食材です。

そんな卵の栄養ですが、卵は最強の栄養食品であると謳われている程、ビタミンやアミノ酸などの栄養成分が非常に詰まっています。

食物から必須アミノ酸がバランス良く摂取できる点でもとても優秀な食材です。

 

必須アミノ酸

私たちの身体は、必要となるアミノ酸が多いです。

卵には、その必須アミノ酸がバランス良く含まれているのが特徴です。

特に必須アミノ酸の効果は、免疫力を高めてくれるので、私たちの身体の中に侵入してきた風邪等のウィルスを撃退してくれる効果が期待出来ます。

卵の成分

卵には、タンパク質や脂質、カルシウムやリンなどのミネラル、各種ビタミンが豊富に含まれています。

特に黄身は、脳や神経などを作るリン脂質が大豆の3倍近く含まれています。
また卵白には、骨を丈夫にするビタミンD、生殖機能の向上に役立つビタミンE、セックスミネラルとも呼ばれる亜鉛などが豊富に含まれています。

そして卵の殻にも栄養があります。
殻には、カルシウムがものすごく豊富に含まれていますので最強なのです。

 

 

 まとめ
卵は栄養価に優れた最強の食物である
必須アミノ酸がばバランス良く含まれている
卵成分には滋養強壮効果の他にもセックスミネラルとも呼ばれる亜鉛などが豊富に含まれる

朝晩生卵3個ずつのむ

 

 

卵は1日3個まで

卵に含まれるタンパク質は、肌、髪、骨、内臓など私たちの身体の至る部分で重要な栄養素となり常に形成されています。

またエイジングケアサポートとしても一役担っています。

そのため、卵を食べることで疲れた体の回復効果、細胞の再生効果が期待出来ます。

そんなタンパク質ですが、一日に3個食べると一日に必要なタンパク質摂取量を補えると言われています、

また多くの専門家から3個食べるのが良いと言われているので是非、積極的に食べて健康な身体を手に入れましょう。

 

最強のスーパーフード

卵は、ビタミンCと食物繊維以外の栄養素がすべて含まれている食品です。

特に食事のみでしか取得できない9種類の必須アミノ酸がすべて含まれているため完璧な食材だといえます。

一般的にコレステロールが高いので敬遠する方や卵は1日に1個までといった間違えた認識が定着してしまっていますが、厚生労働省によると2015年に食事からとれるコレステロールは、血液中のコレステロールに影響を与えないととても興味深い内容が発表されています。

卵効果は非常に高い

コレステロールは、私たちの体内に欠かすことの出来ない栄養素の一つです。

特に細胞膜や脳の材料は、コレステロールで形成されており、女性ホルモンの材料にもなります。

また卵黄に含まれるコリンは、神経伝達物質の材料となっており、これが不足するとメンタル面や記憶機能にも影響が出るとまで言われています。

 

 

 まとめ
卵は一日に3個食べると一日に必要なタンパク質摂取量を補える
食事のみでしか取得できない9種類の必須アミノ酸が含まれる
卵を食べるとメンタル面や記憶機能の改善に繋げられる

ゆで卵やスクランブルエッグでもOK

https://twitter.com/packiino/status/1396002096319660034?s=19

 

効率的に食す卵料理は?

卵は、栄養成分が非常に優れていることでも有名な食材です。

そんな卵ですが、生で食べることもあれば、ゆで卵にしたり、スクランブルエッグにしたりと様々な調理方法があります。

しかしどの調理方法が栄養成分が一番多い食べ方なのか疑問になると思います。

どうせ卵を食べるなら栄養成分が一番多く取れる食べ方が知りたいですよね。

卵は卵黄と卵白両方食す

基本、卵を食べるときに大切なのが卵黄と卵白を一緒に食べることです。

卵黄と卵白の味を比べると卵黄はクリーミー、卵白は味気ない感じですよね。

そのため場合によっては、卵黄だけを食べて卵白は捨ててしまう方もいるのですが、卵黄にも卵白にもそれぞれ異なる栄養成分が含まれていますので必ず一緒に食べるようにした方が良いです。

 

卵を調理した際の栄養

実は、ゆで卵、スクランブルエッグ、生卵の栄養成分を比べた場合、極端な違いが無いのです。

ただ卵に含まれる栄養成分の中には、熱に弱いレシチンやビタミンB群が含まれます。

そのため、これが少し減少するくらいですね。

また生卵よりも調理した方が効果的に摂取できる栄養成分もあり、これがビオチンです。

ビオチンは、髪の毛を構成する成分の一種で育毛作用がある成分なので豆知識として覚えておくと良いでしょう。

 

 

 まとめ
卵を食べる時は卵黄と卵白を一緒に食べると効果的である
卵料理は様々とあるが栄養に極端な違いは無い
卵は熱に弱い成分や熱によって生まれる成分がある

卵はどちらかと言えば、卵黄の方が美味しいですし、栄養が豊富に含まれています。

しかし卵白にもタンパク質やカリウムなど体の健康のために必要な栄養成分が豊富に含まれます。

また卵を食べることで精力増強にも役立ちますので是非、積極的に食べて欲しいですね。

 

>

本気でデカチンを目指す方向けのサプリメントはこちら