【デカチン】ジェルキングでチンコをデカくする方法

ペニス研究所松島です。

 

「ジェルキング」でチンコをデカくしたい人必見!

 

ジェルキングの解説とやり方です。

 

[st-myblock id=”398″]

 

ジェルキングが効果的な理由

ちんこを鍛える方法はいくつかありますが、そのひとつに「ジェルキング」があります。

 

ジェルキングというのは亀頭に多くの血液を送り込むトレーニングのこと。

 

ちんこに行き渡る血液の量が増えることでちんこをより強くすることを目的としたものです。

 

ちんこは血流で勃っている

亀頭などのちんこの大部分は多くの血管が集まってできた、海綿体で構成されています。

 

つまり勃起というのは海綿体に血液が流れ込むことで起こる現象なのです。

 

そこでジェルキングトレーニングを実践することで海綿体が活性化され、増大を期待しようというわけです。

 

チントレには様々なものがありますが、その中でもジェルキングはアメリカで開発されて以来世界中に広まる有名な「チントレ」方法です。

 

スタンダードなジェルキングのやり方

ジェルキングは、ミルキングを行う際にジェルを用いて行うチントレです。

市販されているローションやオイルがあれば、すぐにトライできます。

 

やり方は次の通りです。

[st-mybox title=”ジェルキングのやり方” webicon=”” color=”#757575″ bordercolor=”#f3f3f3″ bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

①ちんこにジェルを塗り、勃起したちんこを親指と人差し指で握る
②握った上の部分を、反対側の親指と人差し指で握る
③上記で握った手を使い、3秒ほどかけてゆっくり移動させる
④1秒程度でもとに素早く戻す

[/st-mybox]

 

上記を繰り返して行うことになりますが、基本は20回1セットで、1日に3セットがおすすめです。

 

オナホで手軽にジェルキング

 

上記の方法でもいいですが、ジェルキングをもっと手軽にしたい方は人気のオナホを使えこともできます。

 

オナホを稼働させることで、ジェルキングと同じような効果が期待できるのです。

 

他にもオナグッズがありますので、それらを組み合わせて使用してみるいいと思います。

 

ジェルキングを継続的に行うことでちんこがより刺激され、栄養タップリの多くの血液が行き渡るようになります。

 

 

アメリカ式ジェルキングのやり方

まずは本場アメリカの元祖ジェルキングの手順を紹介します。

 

①ちんこを温める

まずはちんこを温めます。
通常時の状態で温めますが、それによって皮膚の炎症やケガを回避できるようになります。

素手でちんこ増大を図る方は、お米2杯程度を電子レンジで1分加熱させたものを用意してください。

熱すぎるとチントレの効果どころか、火傷することがありますので注意が必要です。
市販の靴下にお米を入れ、それをちんこ周囲に当てて5分ほど温めるのもいいですよ。

 

②ちんこの先端を引っ張る

通常時で、右方向や下方向、さらに上方向に30秒ずつ引っ張ります。

 

③スライドさせる

ローションを塗り、親指と人差し指で丸い輪っかを作り、根元から亀頭先端にちんこの血流を押し出すような感じでスライドさせてください。

亀頭部分に行く手前で、2~3秒ほど手をストップさせますが、それを10分間連続で繰り返します。

以上が本場アメリカのジェルキングのやり方です。

 

ジェルキングの注意点

効果を高めるたるめにもっと長くしたいという方もいるかもしれませんが、長い時間継続してしまうと血管へ負担がかかりすぎますので注意が必要です。

ちんこを大きくしたい、太くしたいという気持ちは分かりますが、トラブル回避のためにも基本を守るようにしてください。

目安は1日10分で、これは毎日繰り返すことが大切です。

毎日ジェルキングのトレーニングを行うことで、日々のサイズアップを図ることができます。

トレーニング期間ですが、6カ月程度が目安になります。

毎日欠かさず、トレーニングすることをおすすめします。

 

ミルキングとの違い

ジェルキングを行うことでちんこを強くできますが、他のチントレであるミルキングとはどのような違いがあるのでしょうか。

 

ジェルキングとミルキング、言葉はよく似ていますが、大きな違いはジェルを使うかどうか。

 

ミルキングはジェルを使わないドライで行う方法なので、皮膚のトラブルが比較的おこりやすいようです

 

ミルキングの方法

①お湯のシャワーでちんこを温める
②ちんこを半勃起状態にする
③片方の指を使って輪っかを作り、ちんこの根元をしっかり握る
④握った点の上部を、もう一方の手を使って全体で優しく握る
⑤根元から亀頭に向け、徐々(5~10秒程度)に指に力を入れていく(5~10秒かけて)

 

②の状態を維持しつつ、④⑤を繰り返して行う(5分程度)

 

まとめ

チントレのひとつであるジェルキングを紹介しました。

ジェルキングは、亀頭に多くの血液を送り込むチントレの方法のひとつで、これによってちんこを強くすることが可能です。

お湯やシャワーでちんこ温めた後、ローションなどの潤滑油を塗るのがミルキングとの大きな違いになります。

具体的には歯磨き粉を使い切るような感じで、力を入れてちんこ徐々にシゴいていくのがポイントです。

この方法を繰り返し行うことで、海綿体に行き渡る血液の量が増えていきます。

他のチントレもありますが、今行っているチントレの効果をあまり実感できない方は、ジェルキングを選択肢のひとつにしてみるのもいいかもしれません。

すぐに出きますので、今日からでも実践してみてください。

>

本気でデカチンを目指す方向けのサプリメントはこちら