【絶&倫】精力増強して絶倫になる方法

デカチン研究所松島です。

この記事は・・

 

「精力増強する方法がしりたい!」

「とにかく絶倫になりたい!!」

 

という方向けの記事です。

プロの私がどこよりも詳しく教えますよ!

 

松島イチオシ精力剤

松島のおすすめ精力剤は、ヴィトックスα。

勃起力をささえる、L-シトルリン、L-アルギニン、亜鉛がマックスパワーで配合されている。

精力増強サプリはほとんどが同じ主成分なので、コスパの良さで決めるのが正解!

2021年現在、1箱を13,824円で購入するともう1箱付いてくるので、実質1箱約6,912円になる!!

松島が3年飲んでる精力増強サプリ!

\ 8/23まで一箱無料! /
精力剤
ヴィトックスα公式


泌尿器科の医師も認めた実力だから安心!

 

①絶倫になれる食べ物を食べる

 

絶倫食材は身近に存在する

絶倫になれる食べ物と聞くと真っ先に思い浮かぶのは、ドリンクやサプリメントかもしれませんが、身近にある食材でも絶倫になれる食べ物が多く存在します。

例えば代表的な物をあげると牡蠣、山芋、うなぎです。

これら食材に含まれる亜鉛、ビタミン類は、精力増進に非常に効果があります。

 

亜鉛が豊富な牡蠣

牡蠣には、亜鉛が豊富に含まれています。

亜鉛の最も注目すべき効果は、男性ホルモンであるテストステロンを増やす効果があることです。

この男性ホルモンは、精子をつくったり、精力を増強したりする働きがあり、別名でセックスミネラルと呼ばれているほど、精力と関係が深いものとなっています。

そのため、性欲増強食材=牡蠣と言っても過言ないですよ。

 

ビタミン類と亜鉛が含まれるうなぎ

うなぎには、ビタミン類と亜鉛など精力増進に効果のある栄養素が豊富に含まれています。

特に精子の成長を活性化するビタミンA、成長ホルモンの分泌を促すビタミンB、血流改善効果のあるビタミンEは、注目の栄養素です。

またうなぎを食べるだけで様々な効果を得ることができますので是非、試して欲しい食材です。

 

 まとめ
絶倫食材はドリンクやサプリメント以外にも多く存在する

牡蠣に含まれる亜鉛は男性ホルモンであるテストステロンを増やす効果に長けている

ビタミン類と亜鉛は精力増進に効果絶大である

 

②禁煙をして精力増強する

 

ニコチンによる影響

タバコに含まれるニコチンによって血液循環に悪影響を与え、精子数、運動性が低下します。

また血管収縮作用によってペニスへの血液流入を低減させてしまうことは、大きな障害です。

勃起とは、陰茎内に血液が流れ込むことで生じる現象なので血行不良になると勃起しにくくなるのは、当たり前の流れですね。

 

性生活とタバコ

タバコを吸うと最悪、勃起不全が現れます。

これは、ニコチンによる血管収縮作用によってペニスに適切な血液が流入出来なくなるためです。

またタバコの成分は、テストステロンの分泌を減少させる傾向があります。

テストステロンが減ると性欲、性的欲望に影響を与えるとも言われています。

 

男性ホルモンの分泌が乱れる

タバコを吸うと男性ホルモンの分泌が乱れます。

そして男性ホルモンの分泌が減少すると性欲減退につながります。

また禁煙することでEDを改善できる可能性があります。

EDの影響の一つとして交感神経刺激があるのですが、喫煙により交感神経刺激が優位になることでリラックスしにくくなり、勃起しにくくなるという面がありますので喫煙効果は、大きいのです。

 

 

 まとめ
ニコチンは血液循環に悪影響を与え勃起しにくくさせる

タバコの成分は、テストステロンの分泌を減少させ性欲、性的欲望を減少させる

禁煙することでEDを改善できる可能性がある

 

③運動して精力増強する

 

適度な運動がベスト

トレーニングをすると性欲や生殖機能に影響を与えます。

例えば過激なトレーニングによりマッチョなボディを手に入れたが故にセックスに興味がなくなったケースや適度な運動により性欲が増長したと場合等、様々です。

統計的に見ても運動は、過度に実施するよりも適度とする方が理想ですね。

 

運動と男性ホルモンの関係性

トレーニングは、男性の性欲や生殖機能に与える影響が大きいです。

運動を行うと男性ホルモンであるテストステロンの分泌が多くなります。
このテストステロンは、精巣から分泌される男性ホルモンの代表となっており性欲をコントロールします。

但し連日の激しいトレーニングを行うと身体的なストレスによってホルモンバランスが崩れ、テストステロン効果が間に合わず、セックスへの関心が低下する可能性がありますので注意です。

 

テストステロンの分泌量

テストステロンは、睾丸から作られる男性ホルモンです。

このテストステロンの分泌量は、20代をピークにその後、徐々に下降していきます。

このテストステロン量は、骨や筋肉の強度を向上させたり、性機能、生殖機能、記憶力、認知力にも関係しています。

 

 

 まとめ
性欲や生殖機能を向上させるには適度な運動が理想である

トレーニングを行うと男性ホルモンであるテストステロンの分泌が多くなる

テストステロン量によって男性機能が形成されている

 

適度に射精して精力増強する

https://twitter.com/ErongelistReiko/status/1171688914668544000?s=19

 

勃起による健康効果

勃起をすると健康にいい効果をもたらします。

勃起は、海綿体動脈に多くの血液が流れ込むことで起こります。
この頻繁に勃起する事でペニスだけでなく体内の血流が促進されやすくなり、これが健康に繋がると考えられているからです。

そのため日々、勃起をして適度に射精するのが健康に良い行いとなります。

 

ED予防になる

適度に射精する事は、ED予防に繋がります。

特に大切なのは、ペニスを使うことです。

40代以降になるとオナニーやセックスレスが問題となりEDを発症してしまう可能性が高まります。

人間の脳は、使わない箇所を必要なしと判断するため、使わない部位はどんどん退化させます。

そのため、1日1回の勃起、適度に射精するだけでもED予防観点でのメリットがあります。

 

適度な射精が重要

適度に射精をしないと精液中の死滅精子など不良精子の割合が増加します。

毎日、無理に射精する必要はないですが、性欲があれば頻回に射精して問題ありません。

中には、タイミング療法でオナニーを行う方もいますが、この方法だと不良精子の割合も増加し、射出精子の質も低下する可能性がありますので定期的に射精して精液中の精子のリフレッシュをした方が良いです。

 

 まとめ
毎日の勃起は健康に良い効果をもたらす
適度に射精する事はED予防に繋がる
定期的に射精をして精液中の精子をリフレッシュするのがベストである

 

まとめ

精力をつけて絶倫になる方法は様々です。

少なくとも絶倫になるには、日ごろからの生活習慣が重要となります。

また絶倫になると自分の健康のため、強いてはパートナーとの絆を深める結果となります。
そのためにも定期的なオナニーや日頃からの食生活が非常に重要となります。

 

>

本気でデカチンを目指す方向けのサプリメントはこちら