コックリングでちんこはデカくなる?コックリングまとめ

ペニス研究所松島です。

 

今日は「コックリング」について。

 

縁の下の力持ち「コックリング」について解説します。

 

コックリングは血流をペニスに留めて勃起を維持させる

コックリングは血流をペニスに留めておく働きを果たします。

したがってペニスへの「血流量」が少ない人は勃起もしにくくコックリングの効果も出にくいです。

 

コックリングを使うなら増大サプリと併用がおすすめ

コックリングを使いたい人は、ビンビンにならない悩みがあるのでしょう。

そういった方は、ぜひ増大サプリを試して男の自信を取り戻してほしいと思います。

 

[st-myblock id=”590″]

 

コックリングとはなにか

コックリング(Cockring)というのは、男性のちんこに装置するワッカ(性具)のことです。

主としてちんこの根元につけられることが多く、それによってちんこへの血流を遅くして勃起する時間を長くしようというものです。

主にセックスの時に装着し、中折れや早漏を予防するために使われてます。

 

松島もたまに使いますが、多少窮屈感がありますが勃起力の持続にはかなり役立ちます。

 

コックリングでチンコはでかくなるか

コックリングという製品はもともと勃起不全(ED)の治療器具として開発されたもので、今では勃起力アップなど、ちんこをでかく固くするとして愛用されるようになっています。

効果が凄いということもあって、現在ではアダルトグッズとしても知られるようになっているようです。

 

コックリングを利用することでちんこを大きくすることができますが、それは口コミでも確認できます。

「コックリング付けてからは昔に戻ったみたい」、「今までみたいに中折れすることが無くなった」、「コックリングの効果って凄い」、「竿の根元と睾丸に付けただけで効果を実感できた」など様々です。

 

コックリングの仕組み

コックリングはちんこの根元に付けるだけでよく、それによって血流の流れを抑制したり止めたりできるようになります。

 

ちんこをでかくしたり強くしたりなど、たくましいものにするには、ちんこや海綿体への血流を増やすことが大切です。

 

ちんこというのは精子を出したくなった時、あるいは彼女とヤリたくなった時にすぐにムクムクと勃起してきますが、これはちんこに向けて血流が上かっていき、内部にある海綿体が膨張するために起こる現象です。

 

ちんこに血流が留まって勃起力が高まりはじめた態で、コックリングを装着してください。

根元にしっかり付けるのがポイントです。

 

コックリングを使用するタイミングですが、フル勃起する前のちんこに付けることが大切になります。

オナニーをする人も多いと思いますが、オナニーをする際は、ちんこをティッシュに包む前に付け、セックスで使用する際は、その前にトイレなどで付けておいたり、彼女のお口で使って付けてもらったりするといいでしょう。

コックリングを付けたまま、フェラしてもらうのもひとつの方法です。

そのほうが気持ちいいと思います。

 

コックリングの種類

コックリングにはいくつかの種類があります。

 

初心者向けならPRO

その中のひとつが「Pro」というもので、これは初心者向けのコックリングとして人気があります。

柔らかい樹脂で作られた紐によって、ちんこと睾丸を手軽に縛れるとユーザーから評判です。
アジャスターが付いていますので縛り具合の調節ができ、さらに取り外しが簡単にできます。

Proは機能性や品質性はもちろん、それ以外にデザイン性にも優れていますので、どこに持って行っても大丈夫です。

さりげなくバックの中に入れておいたりするのもいいでしょう。

 

あえてピカピカデザインを選ぶ人も

その他、「CHILL FACTOR コックリング Ayida Weddo」などもおすすめです。

こちらは金ピカのリングであり、普段は人に見せられないものだからこそ、そのような金ピカにするのもいいかもしれません。

ゴージャスな気持ちになれます。

 

金玉に装着することも

コックリング自体、陰茎だけに装着する事はもちろん、ちんこと陰嚢の両方につける事も可能です。

さらに陰嚢だけの装置もできますが、その場合はコックリングというより睾丸カフと呼ばれることが多いです。

 

アクセサリーとして使う人も

コックリングには多くの種類があり、使用されている材質も様々で、皮革をはじめ、ゴムやシリコン金属などが一般的になっています。

 

コックリングという名前ですが、「プリンス・アルバート・ピアッシング」と同じ意味で用いられることも少なくありませんが、だからといってその輪が金属製とは限らないのです。

 

コックリングを利用することで勃起改善や早漏改善、ちんこ増大などの効果が期待できるようになりますが、最近はアクセサリーとして楽しむ男性が増えているようです。

 

 

コックリングの副作用

コックリングを利用することでちんこを鍛えることができますが、副作用の面は問題はないのでしょうか。

効果だけで特に副作用がなければ、みなさん安心して利用できると思います。

 

コックリングは主として、ネット通販やアダルトショップなどで提供されており、ただちんこに装着するだけで勃起時間を長くできるという画期的なアイテムです。

 

長時間装着は危険

しかし、コックリングを使い続けると、ちんこが壊死する危険性があるとも言われています。

コックリングによってちんこの根元をギュッと締めつけることで、血液を強制的に滞留させることがで

きますが、場合によってはコックリングでケガすることもあります。

 

例えば、陰茎のリングが抜けなくなったケースもあり、救急車で病院に運ばれ、処置して難を逃れた人もいます。

もともとコックリングは、ちんこの根本を締め付けるアイテムでもありますので、たとえ正しく使ってもそのような事故が起きるリスクがあります。

その点を注意しておいてください。

 

まとめ

勃起力アップや精力改善に大きな効果を期待できると話題になっているアイテムのひとつが、今回のコックリングです。

ちんこにコックリングを装置することで血流を遅くでき、それによって勃起力を高めることができます。

使い方は簡単で、コックリングをちんこの根元に付けるだけで大丈夫です。
それによって、今まで悩んでいたちんこの悩みから解放されます。

ただ、副作用の問題もあり、血液を強制的に滞留させることができることから、ちんこが抜けなくなるなどの事故が起きる可能性があるのです。実際に事故は起こっています。

そのため使用する際は、その点に注意しておくとよいです。

手軽にできる利用できるコックリングですが、正しい使い方をすれば安心して利用できます。

>

本気でデカチンを目指す方向けのサプリメントはこちら