【デカチン】男性器は成長するの?ちんこは何歳まで大きくなるのか

デカチン研究所松島です。

 

「ちんこは何歳まで成長するの?」

「これからでも大きくできる?」

 

そんなあなたの心の声に松島が答えます!

 

目次

松島イチオシ最強増大サプリ

オレ、松島…

サプリでチンコをでかくしたいですか?

 

よく聞かれるので先に答えておく。

これまで国内外の増大サプリ23種類を試して飲んでみた松島が個人的に気に入っていて、

今も飲んでいる増大サプリは「ヴィトックスα」のみ

 

主成分はどれもほぼ変わらない

実は、増大サプリはほとんどが「シトルリン」と「アルギニン」が主成分で内容的にはどれも一緒。

 

大切なのは「配合量」と「安全性」と「値段」だけ。

 

ヴィトックスαは、シェアが高くGMP認定工場で作られており安全性はお墨付き。配合量もMAX、そして安い。

 

コスパ最強ヴィトックスα

ヴィトックスαは内容量が多いうえに、一箱当たり7,040円

 

実は同種の製品より4~5割ほど安い

 

コスパ最強、俺にとってはこれが決定打。

増大効果は…察してくれ!

増大効果については薬事法違反になるから「〇センチでかくなった!」って言えん。

 

ただ、増大サプリマスターの松島はいまはヴィトックスα以外飲んでいないし、心の底から満足している。

 

この事実で察してほしい

デカチン研松島
マジで言えなくて悔しい・・!

初めてならヴィトックスα一択

増大サプリ初心者はヴィトックスαをためすべき。

 

どれも内容はほぼ変わらんから、一番安くて知名度抜群のヴィトックスαを試すのが正解


これ飲んで効かなければ、シトルリンとアルギニンが効かないタイプだからほかの増大方法を試せばいい。

ヴィトックスαのキャンペーン情報

ヴィトックスαは一箱無料キャンペーン中!

 

一箱当たり7,000円代と類似品と比べてぶっちぎりに安い!!

 

\ 11/22まで1箱無料! /

割引予約はコチラ

サプリ研究家松島の愛飲サプリ

 

泌尿器科の医師も認めた実力だから安心!

 

 

 

男性器は第1期から第5期まで成長

ちんこは年を取る度に大きくなっていきますが、第1期から第5期まで成長すると言われています。
特に思春期が大きく影響しており、この時期は小児から大人へと成長する段階でもあります。

非常に大切な移行時期でもあり、様々な成熟段階を経た後、それぞれの身体が成人へと成熟していくのです。

この過程では数多くのホルモンや神経内分泌因子で制御されますが、最終的には下垂体から分泌されているゴナドトロピン(性腺刺激ホルモン)や性腺からの性ステロイドホルモンによって成熟することになります。

 

上記の第1期から第5期はTanner提唱のTanner段階であり、男子は精巣の大きさや陰茎の大きさ、さらに陰毛の発毛状態、女子は乳房や陰毛の発毛状態に評価され、思春期が始まらない時期がTanner 1、成人の成熟状態をTanner 5度になります。

男子は精巣容量測定器を用いて行い、精巣容量によってTannerの段階が分かれることになります。

 

思春期にホルモンが分泌されて成長がはじまる

ちんこの成長は思春期と大きく関係しており、思春期に多くのホルモンが分泌されることで成長していくことになりますが、思春期の発現や成熟は、間脳下垂体にある性腺の機能によってコントロールされています。

視床下部に存在しているゴナドトロピン放出ホルモン(gonadotropin releasing hormone)の影響によって、下垂体にあるゴナドトロピン(gonadotropin)の黄体形成ホルモン(luteinizing hormone)と卵胞刺激ホルモン(follicle stimulating hormone)が分泌されます。

 

そしてそれら成分の刺激によって、男女それぞれの性腺が活性化されることになります。

具体的には、男子は精巣から主としてテストステロンが、女子は卵巣から主としてエストラジオールが分泌されていき、二次成長が促進されていきます。

ちんこの成長は、思春期ら分泌されるホルモンが大きな役割を担っているのです。

 

思春期開始年齢の平均

ちんこの成長と思春期ですが、その開始年齢が気になる人も多いのではないかと思います。

思春期には様々なことが起こりますが、二次性徴の発現をはじめその成熟や成長する時期でもあるのです。

思春期における成長は、主に成長ホルモンの分泌が大きな影響を及ぼしています。

思春期では女子の乳房の成熟や成長がピークになる時期でもありますが、それが始まる平均年齢は「9.74±1.09歳」で、平均身長は「134.1±6.8cm」、平均体重は「29.5±4.3kg」というデータがあれます。

このデータから見ると、思春期開始年齢の標準値は7歳7カ月~11歳11カ月と考えられています。

成長率がピークに達した時の平均年齢は「10.88±0.89歳」、平均身長は「142.4±5.7cm」、そして平均体重は「34.3±4.7kg」になっています。

このように思春期がスタートする時期は、結構早いようです。

ちんこの成長にも大きな影響を与えますので、ライフスタイルなど過ごし方も気を付けておくと良いでしょう。

 

思春期終了年齢の平均

思春期とちんこは大きな関係があり、この時期の過ごし方がちんこの成長に与える影響が大きいです。
思春期はとても大切な時期ですが、終了時も重要ですのでその時期をしっかり把握しておきましょう。

男子の場合、精巣が約4mlまで増大する平均年齢が 11歳6カ月前後で、その時の平均身長は約145 cmとなっています。

成長速度のピークは約13歳になっており、その時の平均成長速度は約10cm/年です。

女子の場合は、思春期がスタートする頃には成長率はすでに上昇を始めており、その後1~2年程度成長率はピークを迎えます。

初経は一般的に成長率がピークを過ぎた頃から起こっており、初経から成人身長までの伸びについては、健康な女子は5~6㎝になっています。

思春期が終了する年齢は人によって変わってきますが、自分ではよく分からない場合は平均値を参考にしてみるのもいいでしょう。

ただ、それらは平均的な成長スタイルですので、あくまでも参考程度に押さえておくことが大切です。

 

思春期終了後はチンコは成長しない

ちんこの成長は思春期に行われ、その時期は人によって異なります。

早く始まる人もいれば、平均より遅くなる人もいるでしょう。

同時に終わる時期も個人差があり、人より遅くなる人もいると思います。

思春期はちんこの成長とも大きく関係しているわけですが、思春期が終わると同時にちんこの成長が終わることも頭に入れておきましょう。

思春期というのは性が成熟するとても重要な時期で、最終的には生殖機能を獲得してその維持ができるようになりますが、それと同時に成長が終わってしまう時期でもあるのです。

成長が止まるということは、つまり骨端線が閉鎖することも意味しています。

思春期が終わる時期は人それぞれですが、子供の思春期を観察する際は二次性徴の成熟はもちろん、それと一緒に成長も同時にみていくことが大切と言えるでしょう。

思春期の過ごし方いかんが、ちんこの成長にも大きな影響を及ぼすかもしれませんので、その点の認識も大切です。

でかく強いちんこは、思春期の過ごし方いかんにかかっています。

 

まとめ

ちんこの成長と思春期について見てきました。

思春期は男性器が成長すると同時に、その成長が終わる時期でもあるのです。

思春期の過ごし方がちんこの成長に与える影響が大きく、非常に大切な時期でもあります。

この時期は小児から成人への移行段階でもあり、様々な成熟段階を経た後に、ようやく身体全体が成人の身体へと成熟していくのです。

思春期には様々な神経内分泌因子やホルモンの影響を受けますが、最後は下垂体から分泌される性腺刺激ホルモンや性腺の性ステロイドホルモンによって二次性徴を実現させることができるようになり、無事に大人へと移行できます。

男性器は思春期の成長が終ると同時に終了しますので、その点の認識もしておきましょう。

目次
閉じる