デカチン雑学

ペニス測り方教えます!正しいペニスの測り方

デカチン研究所松島です。

あなたはチンコの正しい測り方を知っていますか?

いくらチントレしても計測が間違っていては意味がありません。

基礎中の基礎、チンコの測り方について解説します。

 

ペニスの長さの測り方

ちんこの長さを測定する場合、調査の目的によってはそれに合った測り方が使われています。

正しい数値を出すためにも、ちんこは毎回同じ方向で測定する必要があります。

 

水平にした上側を測定する方法(勃起時)

ちんこの計測方法、一番基本的な方法です。

これは水平になったちんこの上側を測定する方法で、見た目の長さになります。

まずはまっすぐに立ち、勃起したちんこを床と水平にします。

ここで上側(金玉側でなくへそ側)の根元表面から、亀頭先端までの長さを計測してください。

定規で計測する際は押し付けないで、軽く根元に当てるようにすることが大切です。

これがポピュラーな測り方になります。

見た目の長さになりますので、皮下脂肪が厚い方は短くなることもあるようです。

 

恥骨から測る方法(勃起時)

次は医学的な計測方法です。

ペニスの根元ではなく恥骨という付け根の骨から長さを図る方法。

まっすぐに立ち、勃起したちんこを床と水平にし、上側の根元の恥骨から亀頭先端までの長さを計測してください。

脂肪の厚みに邪魔されないよう、定規を恥骨結合部に強く押し付けることがポイントです。

こちらの方法は泌尿器科医で行われており、これで正確なサイズが分かります。

太った人、痩せている人様々ですが、それぞれの体型に関係なく測定できるのがメリットと言えるでしょう。

 

引き延ばした長さを恥骨から測る方法(非勃起時)

ちんこの測定方法、次は引き伸ばした長さの計測です。

包茎手術の際に使われる計測方法です。

これはちんこが柔らかい状態で計測する方法で、柔らかいちんこの状態で亀頭をつまん引っ張ります。

ちんこを前方に引き伸ばすことになりますが、仰臥位であれば天井の方向です。

その状態で上側の根元の恥骨から先端までの長さを測定してください。

勃起した時の恥骨からの長さと、引き伸ばした際の恥骨からの長さは、だいたい同じです。

医師が行う時多くの方々のちんこの長さを測定する時に利用される方法で、手間をかけずに測定できるのがメリットと言えるでしょう。

 

子供のペニスの測り方

小児科では、引き伸ばしたちんこの長さを恥骨枝から測ります。

ここでは仰臥位の状態で、柔らかいちんこの亀頭をつまんで、斜め上方向(垂直より足側)に引き伸ばしてください。

定規で計測する際は、ちんこの根元の陰嚢の外側、恥骨枝上に押し当てます。

亀頭の先端までを測定しますが、その際は包皮を含まないようにするのがポイントです。

 

 

ペニスの太さの測り方

ちんこの測り方は各部位によって変わってきますが、次は太さについて見ていきましょう。

太さ、つまりちんこの大きさになりますが、この大きさで悩んでいる人も多いのではないかと思います。

ちんこの太さの測り方は、ちんこの周りをメジャーや紙などを利用するのが一般的です。

メジャーなどでグルグル.巻いて測定します。

 

太さは2か所で計測

ちんこの太さの計測方法には、亀頭以外の最も太い部分を計測する場合と、ちんこの長さの真ん中部分を測定する場合があります。

大きく見せるため、亀頭部分を太さとして測る人もいるかもしれませんが、ちんこの太さを計測する時はちんこのサオの真ん中の部分を測ることが普通です。

 

直径の測り方

ちんこの直径は、ちんこの胴の部分の横幅を測定することになります。

次は亀頭の直径で、こちらは亀頭でも最も太いところの横幅を測定してください。

直径の基本は勃起時のちんこを測ります。

平常時のちんこを測定すると正常な長さが出ませんので気を付けてください。

平常時のちんこはその時の気温や体温などによって、長さに変化が出ることがあります。

定規でもいいですが、多少カーブしているので巻き尺(メジャー)のほうが測りやすいはずです。

 

まとめ

ちんこの測定方法について見てきました。

ちんこの測定方法は様々ですが、間違った方法だと不正確に数値になってしまい、そのまま認識してしまうことになります。

正しい方法で測ったら毎回同じ測り方をするのもたいせつです。

トップ記事

-デカチン雑学