【ED】バイアグラのヤバい副作用と対処法まとめ

デカチン研究所松島です。

この記事は・・

 

「バイアグラってヤバいの?」

「バイアグラの副作用が知りたい!」

 

という方向けの記事です。

プロの私がどこよりも詳しく教えますよ。

 

①バイアグラの代表的副作用

 

バイアグラは、血管拡張を促す作用があるため、これによる副作用が見られることがあります。

症状は、人によって様々です。

もしも発症した場合は、使用を中止し安静にするか場合によって医師の指示が必要となることがあります。

 

ヤバいサイン①ほてり、潮紅

血管拡張作用によって、お酒を飲んだ時のような、ほてりや潮紅を起こすことがあります。

こうした症状が出た場合は、性行為を止め、安静にしている必要があります。

 

ヤバいサイン②頭痛

バイアグラの効果で血管が拡張され血圧が変化することで頭痛が起こる場合があります。
頭痛は、バイアグラの症状の中でも比較的軽い症状ですが、頭痛が持続する場合は、性行為に集中することが出来なくなるため、安静にする必要があります。

 

ヤバいサイン③消化不良

稀ではありますが消化不良を発症する場合があります。
これは、バイアグラの作用で食道、胃、腸といった消化管の働きが活発になることで発症します。

 

ヤバすぎる死亡例

バイアグラは、身体の様々な部位の血管を急激に広げる血管拡張作用があり一時的に血圧が低下します。

これは、脳への血流も低下させますので意識消失が起こることがあります。

また過去には、用法や用量を守らずに誤った使用とした事で心停止に至ったケースもあります。

 

まとめ
 ほてり、潮紅、頭痛、消化不良といった軽度の症状が起こることがある

 視覚症状を発症する場合があり、重篤の場合、医師の診断が必要となる

 脳への血流が低下することで意識消失、用法や用量を守らないと心停止に至ることもある

 

 

②その他の副作用

バイアグラを服用した時の副作用には、軽度な物から重度な物まで様々な症状々が発症することが解っています。

上記に挙げた症状は、最も代表的な症状となり、ツイッター上でも多くの方が報告しています。

次は一般的に表れる症状について紹介していきます。

 

心臓への負担

バイアグラは、血管拡張作用があるので、心臓への負担が大きいです。
そのため、心臓疾患や高血圧などの薬と併用すると危険です。

 

目への影響①

バイアグラを処方する場合、禁忌があります。
例えば、網膜色素変性症は、両眼性遺伝性の網膜疾患で視野狭窄や視力低下が進行し失明に至る病気で、バイアグラの処方禁忌に指定されています。

 

目への影響②

バイアグラによって非動脈炎性前部虚血性視神経症が発現し、視力低下、ひどい場合には、視力喪失の原因になる可能性があります。

 

その他の副作用

バイアグラを服用すると胸痛、動悸、頻脈、めまいなどを発症する場合があります。
バイアグラを服用して体に何らかの違和感が出た場合は、無理をせず出来るだけ安静にしていた方が無難です。

 

まとめ
 バイアグラは、血管拡張作用によって心臓への負担が大きい

 バイアグラには禁忌があり目の影響がある

 その他にも軽度ですが様々な症状が現れることがある

 

③副作用が出た時の対処法

バイアグラを服用して何らかの副作用が出た場合は、性行為に集中することが出来ないでしょうから、無理に性行為を続けない方が良いです。

性行為をするなら、体が楽になってからの方が良いですよ。

 

ほてり、潮紅の対処法

ほてり、潮紅は、性行為の妨げにならない程度の軽い症状であることが殆どです。
もしも性行為が続けらないほどの症状となる場合は、室温や寝具を調節して身体を冷やすことに徹しましょう。

 

頭痛の対処法

頭痛は、軽くても性行為の妨げになる可能性があります。
もしも頭痛が酷くなる場合は、患部を冷やしたり、市販の頭痛薬を併用すると症状が和らぐ事があります。
代表的な頭痛薬としてイブやロキソニンが挙げられます。

 

消化不良の対処法

消化不良を発症する可能性は、非常に低いです。
もしも気になるレベルであれば、市販の胃腸薬を処方すると良いかと思います。

 

視覚症状の対処法

目の不具合については、目の充血や彩視症などが挙げられますが、重篤な報告例もありますので症状が酷い場合は、医師の診断が必要となります。

 

まとめ
 ほてり、潮紅があり性行為に集中できない場合は体を冷やすと良い

 頭痛、消化不良が出てきた場合は、市販の薬を服用するのが一般的である

 視覚症状が出た場合は、重度の場合は、医師の診断が必要となる

 

④バイアグラNGな人

バイアグラは、普段と異なる体の動作を起こし勃起を促すため、何らかの不具合が生じることがあります。

一般的に症状が出ても自然と回復する物が殆どですが、症状が継続してしまう人、重篤になる人もいます。

症状が出てからでは遅い場合もあるため、解っている範囲でバイアグラNGな人についての紹介をします。

 

バイアグラ服用禁忌

バイアグラは、持病や服用薬によって禁止されている場合があります。
例えば、硝酸剤やニトログリセリンなどの一酸化窒素供与剤を投与中の場合は、NGです。
服用を開始するときは、必ず自身が禁忌事項に当てはまっていないかチェックすることが大切ですね。

 

用法や用量を守れない人

バイアグラは、25mg、50mgと規格が決まっています。
欧米諸国では、100mgまでのバイアグラが承認されているのですが日本国内では、体格の差を考慮して50mgが最大の規格となっています。
自己判断で用量を増やすと思わぬ副作用を招く場合がありますよ。

 

果物との飲用

グレープフルーツの果肉や果汁は、副作用を誘発する場合があります。
グレープフルーツの果肉や果汁には、バイアグラの有効成分の分解を遅らせるフラクノマリン酸という成分が含まれており、有効成分の血中濃度を必要以上に高くしますので、副作用が起こりやすくなります。

 

過度な飲酒をしている方

バイアグラがNGと言うわけではありませんが、過度な飲酒は、勃起障害を増悪させます。
そのため、過度な飲酒後にお薬を服用した場合は、効果が期待通り現れないことがあります。

 

まとめ
 バイアグラには、服用禁忌があるため、症状に該当する場合は、服用してはいけない

 バイアグラの用法や用量を守らないと思わぬ副作用を招く場合がある

 過度な飲酒をした状態での引用は、バイアグラの効果を100%得ることが出来ないことがある

 

バイアグラを服用すると様々な症状が出ますが一般的には、軽度の症状が殆どで自然に回復する事でしょう。

ただしもしも症状が出て耐えられない場合は、無理をせずに服用を中止するのが無難です。

また症状が継続するまたは重度となる場合は、医師の診断を仰ぐのが良いでしょう。

 

>

本気でデカチンを目指す方向けのサプリメントはこちら