【勃起不全】20代のEDの原因3つと治し方まとめ|中折れ・射精できない

デカチン研究所松島です。

この記事は・・

 

「20代でEDなんだけど原因は?」

「20代のEDの治し方が知りたい!」

 

という方向けの記事です。

プロの私がどこよりも詳しく教えますよ。

 

目次

20代のED原因3つ

 

今までEDや中折れは、年配の方が多く発症する症状でした。

しかし現在では、若い世代、特に20代にもみられるようになり、これに悩む方が多くいる状態です。

ではなぜEDや中折れが、年齢に関係なく発症されるようになったのかの原因と対処方法を説明します。

 

大きな要因は心因性

20代の中折れの原因は、ストレス、プレッシャー、トラウマなどの心因性によるものが殆どと言えます。
例えば、仕事などのストレスから心理的に追い込まれプレッシャーに感じたり、過去の性行為のトラウマにより性的興奮が起こりづらくなるというケースです。

 

仕事のストレスや疲労の蓄積

20代は、仕事面において、働き盛りで重要ポジションを任されていく年代です。
また失敗をしない様に一層、気を使いますので、ハードワークによるストレスや疲労が蓄積されがちです。
これにより精神的にも追い込まれている状態なので、性的興奮も起こりにくくなります。

 

性行為の経験不足による緊張

20代は、全般的に女性との付き合いが少なく性行為の経験も乏しいです。
そのため、いざ、性行為を行う際に様々な不安や憶測、緊張によって100%の実力を発揮できず、早漏、中折れとなり性行為が失敗する場合があります。

 

過去の性行為におけるトラウマ

過去の性行為で勃たなかった、途中で萎えてしまったなどの失敗事がトラウマとなり、性行為に及ぶとこれらの事がフラッシュバックし、強い不安に襲われる場合があります。
こういった不安は、肉体にも影響し、中折れの原因を引き起こします。

 

まとめ
 EDの原因の殆どは心因性によるものでストレス、プレッシャー、トラウマの3つが代表的である

 仕事面などで精神的に追い込まれている状態になるとED発症しやすい

 20代は性的経験が極めて少なく不安、憶測、緊張によって性行為が満足にできない状態がトラウマとなりED発症の原因となる

 

 

20代の治し方① ストレス解消

正直、仕事上のストレスや疲労を完全に無くす事は、難しいです。
そのため、ストレスや疲労を出来るだけ溜めこまず、素早く解消することが対処方法となります。
そこで現実的に簡単に出来る解消法をあげましたので参考にして頂きたく思います。

 

相談できる環境作り

基本的に多くの方が一人で悩んでいる状態です。
そのため、仕事やプライベートで何でも打ち明けられる友人やパートナーを作ると良いです。
話を聞いてもらえるだけでも大分、楽になりますし、もしかしたら解決策も見つけられるかもしれません。

 

睡眠確保

平日に蓄積された疲れを取ることは、とても重要です。
そのため睡眠時間は、少なくとも7~8時間は確保するようにしましょう。
もしも平日に厳しいようであれば、休日に多く睡眠を取るようにすると効果的です。

 

趣味を持つ

普段からストレス解消ができる趣味を持っておくと良いです。
好きなことを実施して時間を忘れる事は、大変、ストレス解消になります。
ただ夜中にゲームを行うなど睡眠不足となるような趣味は、オススメ出来ませんよ。

 

適度なアルコール摂取

アルコールを取ることは、緊張を和らげる効果に繋がりますのでお勧めです。
ただ過度なアルコール摂取は、逆に睡眠不足や体に良くない影響を及ぼすため、控えた方が良いですね。

 

まとめ
 EDの原因となるストレス解消は、早急に解決した方が良い

 仕事やプライベートでのストレスを打ち明けられる環境を整えることが重要である

 適度なアルコール摂取、趣味を持つことは、非常に有効な手段となる

 

20代のEDの治し方② ED治療薬

以前より勃起力が低下している事を実感出来ている場合、ED治療薬が有効な手の一つなので紹介します。

ED治療薬は、性行為中の勃起力を一時的に改善してくれる効果が期待できるので、性行為の経験を増やし、自信に繋げていけば、女性や性行為に対

する免疫力が向上し、EDが改善出来る可能性があります。

 

代表的なED治療薬

ED治療薬も様々とあります。
代表的な物でバイアグラ、レビトラ、シリアスが有名です。

 

バイアグラ

バイアグラの効果は、服用後30分~1時間で効果を発揮し、3~4時間くらい効果が持続します。
注意点として食後に服用すると効果が現れるまでに時間がかかるため、空腹時に飲用した方が良いです。
副作用として顔の火照り・軽い頭痛・軽いめまいなどを発症する恐れがあります。

 

レビトラ

レビトラの効果は、服用後10分~30分位で効果を発揮し、6~8時間くらい効果が持続します。
バイアグラに比べると食事の影響は少ないのですが出来るだけ、空腹時に飲用した方が良いです。
副作用は、バイアグラと同じです。

 

シアリス

シリアスの効果は、服用後すぐに効果発揮し、36時間にわたって勃起機能改善効果が持続します。
食事の影響がないので、利便性にたけているED治療薬と言えます。
副作用は、バイアグラと同じです。

 

まとめ
 勃起力が低下している場合、ED治療薬が有効な手段の一つとなる

 ED治療薬には、バイアグラ、レビトラ、シリアスの代表的な物が有名である

 ED治療薬には、それぞれの特性がある

 

 

20代のEDの治し方③ 心理療法も検討

EDの原因も多数に及びます。
ストレス、ED治療薬でも解決できない場合は、心理療法を視野に入れ、根本原因を突き詰めることが近道となります。
今回、心理療法についてどのような物があるのかを紹介したいと思います。

 

心理療法

心理療法には、心療内科、カウンセラー、セラピストなどがあります。
これらに共通して言えることは、専門家によるカウンセリングや心理療法を受けることが出来る点です。

 

心療内科

心療内科は、心身症を中心に扱う科で、心と体の要素全般的に治療をする医療です。
心療内科でのED治療は、まずカウンセリングを中心に行い、場合によりバイアグラを使用して治療することもあります。

 

カウンセラー

心理療法によるED治療でもっとも多く用いられる療法は、カウンセリングです。
悩みを抱える方にに対し、専門のカウンセラーが悩みを聞き、お互いに力をあわせてその解決方法を探り、アドバイスを繰り返していき悩みを解決して行きます。

 

セラピスト

セラピストは、専門的な知識に基づいて身体面から治療をしてくれます。
トラウマと言う心の奥深くに根付いている解消が難しい問題でも根本から治療できる可能性があります。

 

 

まとめ
 心理療法には、代表的なもので心療内科、カウンセラー、セラピストがある

 心理療法に共通するのは、カウンセリングである

 カウンセリングの結果、ED治療薬であるバイアグラに行き着く可能性もある

 

 

若い世代でEDに悩んでいる人は、非常に多いです。

最近、勃起できない、中折れしてしまう場合は、ED治療薬であるバイアグラなどに頼るのも一つの手ですね。

そしてどうしても治らない場合は、根本原因を知ることが出来る心理療法での治療が近道です。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる