【勃起不全】20代のEDの原因は「アレ」だった!若くても勃起できない3つの理由

デカチン研究所松島です。

この記事は・・

 

「20代でEDになる原因は?」

「20代のEDの治し方が知りたい!」

 

という方向けの記事です。

プロの私がどこよりも詳しく教えますよ。

 

20代のED原因1位 ストレス

EDや中折れの原因は、様々な要因があります。

以前まで中年の方に多く見られていたEDや中折れですが、20代の若い世代でも多く見られるようになってきました。

原因の一つとしてストレスがあるのですが、原因と対処方法を解説します。

 

精神的ストレス

精神的ストレスが大きくなると性的興奮が起こりにくくなることが解っています。
この精神的ストレスは、仕事から発生することが非常に大きいです。

 

仕事のストレス

20代と言えば、むしゃらに働いても体力的にカバーできてしまう年代です。
そのため、自分では大丈夫と思っていても、体の内面は悲鳴をあげており、ここからくるストレスは、計り知れない物があります。

 

疲労によるストレス

20代は、若いと言っても疲労は、徐々に蓄積されています。
どこかでガス抜きしないといけないのですが、若いからを理由に無理をしてしまいがちです。
そしてこれが次第にストレスとなります。

 

人付き合いによるストレス

仕事をする上で上司や同僚とのコミュニケーションは欠かすことが出来ませんよね。
そのため、人間関係の悩みやストレスも非常に多い要因となります。

 

まとめ
 20代のED原因として多いのは、ストレスである

 精神的ストレスを受けると性的興奮が起こりにくくなることが解っている

 仕事からくるストレスが非常に大きい

 

 

 

20代のED原因2位 セックスの経験不足・緊張

 

EDの要因として性行為に対して経験不足となっているが故に発症する場合もあります。

始めてのセックスの際は、知識がない中、今までの知識を頭の中に巡らせて行動に移すかと思います。

また緊張も計り知れないものとなります。

しかしこれが後にEDの原因になることもあります。

 

性行為に対する不安

性行為の際に無事に最後までやり遂げられるだろうかと不安になることもあります。
こういった不安が性的興奮を速めてしまい、中折れの原因になることがあります。

 

相手の事を思う不安

セックスでは、相手に満足してもらえるか不安に感じることも多いかと思います。
また不慣れなセックスで相手をイラつかせることもある事でしょう。
こういった不安が大きくなると勃起力が低下してしまいます。

 

相手が経験者

相手がセックス経験者の場合、経験の無さをバカにされないかと不安になることもあるでしょう。
こういった考えは、脳にマイナスイメージを植え付け、結果、勃起力が低下してしまいます。

 

オナニーのしすぎ

男性機能を正常に保つためにオナニーをすることは大切です。
しかし刺激が強すぎるオナニーのし過ぎは、感度が下がってしまいます。
そのため、いざ本番の時に勃起力が低下する原因となることもあります。

 

まとめ
 EDの要因としてセックスの経験不足がある

 性行為前や最中にマイナスイメージとなる不安があると勃起力が低下す原因になる

 刺激の強いオナニーのし過ぎは、本番の時に勃起力が低下する原因となる

 

 

 

20代のED原因3位 過去のトラウマ

EDの原因の一つに過去のトラウマによる要因が大きいことが解っています。

トラウマは、心理的なものなので簡単に解決することが出来ないのが厄介です。

今回、トラウマによるED発症の原因を例題を使用して説明していきます。

 

トラウマは悪循環を生む

不安を感じると肉体面に影響し中折れを引き起こす原因となります。
そしてその失敗がトラウマを生み、更に次回の性行為の際に不安がさらに大きくなるいう悪循環となります。

 

自信喪失

初めてのセックスの際、緊張のあまり、勃たなかったという経験をお持ちの方は、多いと思います。
中には、これがきっかけで自信喪失となり、EDを引き起こすこともあります。

 

極度の緊張

極度のプレッシャーがEDの原因となります。
例えば、なかなか子供が出来ない夫婦の場合、今度こそ赤ちゃんができるといいな等、プレッシャーを掛けられた場合、そういう時に限って勃たないことも少なくありません。
そしてこういった行為が続くと、更にプレッシャーとなりEDを発症してしまいます。

 

性行為に満足できない

これまで性行為で一度も満足に射精できていないという人もいます。
これにより今後も自分に満足できないという考えからEDを発症してしまうことがあります。

 

まとめ
 EDの原因の一つに過去のトラウマによる要因がある

 トラウマは、更なるトラウマを生み、これが大きくなって悪循環となるサイクルを生む

 過去のトラウマから自信喪失となりEDを発症させる

 

 

 

20代のED治し方のコツ

20代でEDになってしまった場合、誰にも知られずに早く直さないといけないと逸る気持ちもある事でしょう。
しかしこういった逸る気持ちや考えが、更なる不安を呼び、ED回復の阻害要因となります。
そのため今回、ED治し方のコツについて解説します。

 

仕事のストレス

仕事上のストレスや疲労を完全に無くす事は非常に難しいです。
ストレスを解消する簡単かつ一番の方法は、趣味をもつこと、睡眠をしっかりと取る事です。

 

性行為に耐性を付ける

ED治療薬を使用しながら性行為の経験を積む方法があります。
単純に性行為回数を増やせば、女性や性行為の免疫が付いてくることでしょう。
そのためバイアグラなどのED治療薬を利用する方法が良いです。

 

心理療法で改善する

トラウマは、経験不足からくる物とは違い、慎重に対処する必要があるデリケートなものです。
そのため、下手に改善しようとすると余計に症状が悪化する危険性があるため、心療内科、カウンセラー、セラピストの力を借りるのが良いです。

 

全く勃起しない

20代で全く勃起できない場合は、器質性のEDを疑うと良いです。
器質性は、動脈硬化など血管障害が原因となる物で、特に食生活の乱れや過度な飲酒、運動不足から発症します。
そのため、生活習慣を改善するというのも手ですね。

 

まとめ
 EDの治し方は、要因により対処方法が異なるため、自分のED要因を調べることがまず近道となる

 仕事でストレスを溜めないこと、性行為に耐性を付けることは、非常に有効な手段となる

 EDの原因が自分で掴めない場合は、心理療法などで第三者の力を借りると良い

 

 

 

20代のED要因は、1位ストレス、2位セックスの経験不足・緊張、3位過去のトラウマとなっています。
もしもトラウマなどの心理的要因がある場合は、専門家への相談が必要不可欠となります。
しかしそれ以外ならED治療薬を使いながら改善していく方法が病院的にも一般的に良いとされています。

>

本気でデカチンを目指す方向けのサプリメントはこちら