チントレ法ジェルキングの正しいやり方と驚異的効果。ミルキングとの違いも解説

デカチン研究所松島です。

 

「ジェルキングってどうやるの?」

「ジェルキングでデカくなるの?」

 

プロの私がそんなあなたの疑問に答えます。

 

ジェルキングするなら増大サプリを飲め!

ジェルキングでちんこをでかくしたいなら、増大サプリを飲まないのはもったいない!

せっかくジェルキングを行うなら最大の効果を出したい!という方はぜひ飲みましょう。

 

松島お勧め増大サプリ

松島お勧め増大サプリはヴィトックスα。

ヴィトックスαはここがすごい

  • シトルリンはじめとする含有量が多い
  • 一箱7000円ちょっとと類似品の半額程度
  • 国内GMP工場生産で安全

ヴィトックスαの割引情報

割引情報はこちらです。

[st-myblock id=”590″]

 

 

ジェルキングのやり方

ちんこを今よりも大きくするためにサプリメントや精力剤の摂取、その他に様々なトレーニングを実践している方もいると思います。

 

ちんこ増大の方法、トレーニングには色んなものがありますが、そのひとつに挙げられるのが今回の「ジェルキング」です。

 

ジェルキングはとても簡単にできるトレーニングであり、これによってちんこ増大や精力アップなど、男性の性機能向上効果を期待できるようになるのです。

 

ジェルキングの4ステップ

ジェルキングの具体的な方法は次の通りです。

 

[st-step step_no=”1″]ちんこを半勃起状態にする[/st-step] [st-step step_no=”2″]親指と人差し指でOKの形を作り、ちんこの根本を握る[/st-step] [st-step step_no=”3″]ちんこ根本を握った手を亀頭の方に向け、2秒程度ゆっくりとスライドさせる[/st-step] [st-step step_no=”4″]数回繰り返したら手を変えて同じようにスライドさせる[/st-step]

 

これが1セット。

1日に数回トレーニングすることをおすすめします。

 

ジェルキングのコツ

ジェルキングはチントレの一種で、どちらかというと、フル勃起状態よりかは半勃起状態の方が効果を期待できます。

やり方のイメージは、ちんこを引っ張りながら伸ばすようにすれば大丈夫です。

 

ジェルキングのメリット

ジェルキングのトレーニングを行うことで、ちんこ増大効果を期待できるようになります。

中でも大切なのは亀頭をしっかり刺激すること。これが効果に大きな影響を与えるのです。

 

亀頭増大や早漏改善

ペニス全体の中でも亀頭を刺激することで、ペニスの末端までしっかり血流がいきわたるようになり亀頭増大に効果的です。

また繰り返すことで亀頭の敏感さがやわらげられていくので、早漏改善にもつながります。

 

ジェルキングのデメリット

ジェルキングのトレーニングを継続的に行うことで、ちんこのサイズアップを図れるようになります。

それはそれで嬉しいことではありますが、あまり張り切り過ぎて長時間のトレーニングをしてしまうと、ちんこの皮が伸びてしまうことがあるのです。

実際にジェルキングをしている方のYouTube動画も見ることができますが、その中にはジェルキングのデメリットである皮が伸びすぎたものもあります。

 

包茎化してしまうことも

ひとりひとり症状は異なりますが、ちんこの皮が伸びてしまうと亀頭との境目状態が不自然な感じになります。

根元から先端にかけて加圧しながら押し出していきますので、ちんこ表面の皮膚がドンドン拡大していき、その影響が亀頭にまで押し寄せていくのです。

その格好はまるで包茎のようになってしまいます。

 

亀頭だけを刺激し続けないこと

皮の伸び過ぎはジェルキングのデメリットであるということが、良く分かる事実ではないでしょうか。

亀頭を念入りに刺激することも大切ですが、だからといって皮を伸ばしすぎないようにしてください。

 

ジェルキングではローションが大切

チントレのひとつであるジェルキングは、ミルキングとは違いローションを使用するのが大きな特徴と言えるでしょう。

ジェルキングで使用かるローションですが、これは滑りを良くするのが目的で、それによって摩擦を軽減できるようになります。

このようにローションは、主として滑りを良くしてくれる作用があり、潤滑油と呼ばれることもあります。

 

ローションは必須

今までボディーソープを利用していた方は、自分のお肌に合ったローションを選ぶようにしてください。

ジェルキングはちんこを長時間スライドさせるトレーニングでもありますので、ローションを使用しないと摩擦でケガをする恐れがあるのです。

自分のお肌に合ったローションを使用するのがポイントです。

 

ボディソープで代用はNG

ジェルキングを行う際にボディーソープを使用する人もいるかもしれませんが、皮脂を溶かすこともありますので注意が必要です。

「ローションを買う、使用するのが面倒」といって、使いかけのボディーソープや石鹸を代用するのは厳禁ですので気をつけてください。粘膜のバリア機能が低下し感染症にかかりやすくなることも。

 

 

ミルキングとの違い

ジェルキングというチントレによってちんこをでかく強くできますが、上記のような皮の伸び過ぎという副作用もありますので注意が必要です。

ジェルキングのそのようなデメリットを回避するには、同じチントレの一種であるミルキングを行うのもひとつの方法です。

 

ミルキングはローションを使わない

ミルキングとジェルキングは良く似たトレーニングになりますが、ジェルキングとの違いが気になるところだと思います。

ミルキングは、手を大きくスライドさせないのが大きな特徴であり、さらにローションなどを使わないのもジェルキングとの違いです。

手順は次の通りです。

 

[st-mybox title=”ミルキングやり方” webicon=”” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

①ペニスを半勃起状態にする

②指でOKの輪を作り、ペニスの根元を握る
  ※このときはジェルキングと逆で、小指を外側に向けて握るのがポイントです。

③中指、薬指、小指と順番に握りこんでいく

④逆の手でミルキングを続ける

⑤さらに勃起状態も50%程度にし、向きを下向きにして引っ張る

[/st-mybox]

 

ちょうど牛の乳を搾るような感じで握るのがミルキングであり、ジェルキングとは異なりスライドを激しく行わないのが特徴です。

 

まとめ

数あるチントレのひとつの方法、ジェルキングを紹介しました。

ジェルキングは簡単にできますので、ちんこを今より大きくしたい、あるいは強くしたいという方はチャレンジしてみるのもいいと思います。

方法はとても簡単ですので、初めての方も今日から実践することが可能です。

ジェルキングと似たものにミルキングがありますが、ジェルキングとの違いはスライドしないことと、ローションを使用しないことです。

それ以外はだいたい同じですが、増大効果を期待するのであれば、ローションを使用したジェルキングでのトレーニングがおすすめです。

ジェルキングで使用するローションは、自分のお肌に合ったものを選定するようにしてください。
それが大きな効果へ導いてくれます。

>

本気でデカチンを目指す方向けのサプリメントはこちら