【デカチン】オナ禁するとペニスが増大するって本当?

デカチン研究所松島です。

この記事は・・

 

「オナ筋でペニスはデカくなるの?」

「オナ筋で男性ホルモンは増えるの?」

 

という方向けの記事です。

プロの私がどこよりも詳しく教えますよ。

 

\ 6/6まで1箱無料! /

割引購入はコチラ

サプリ研究家松島の愛飲サプリ

 

泌尿器科の医師も認めた実力だから安心!

 

目次

僧侶のチンコはデカくない

おな禁によってペニスが増大するという噂を聞いたことがある方もいるかと思います。
世界中では、僧侶におな禁が課せられているようですが、本当にペニス増大と関係あるのでしょうか。
今回、おな禁によってペニス増大するかを観点に考えていきます。

 

海外事情

海外では、宗教的な理由でおな禁をしている国が多いようです。
特にユダヤ教は、オナニーをする際、妻以外の女性を思い浮かべる事が浮気に値し、重罪であるという考えからおな禁としています。
ただこれによってユダヤ人が世界の中で飛びぬけてペニスが優れているという話は聞きませんね。

 

仏教の考え

仏教では、僧残という13の厳しい戒律を課される修行があるのですがその中におな禁があります。
ただこれによって僧侶のペニスが大きいという話は、聞いたことはありません。
つまりおな禁とペニス増大の因果関係はないと考えても良いかと思います。

 

日本人はオナニー人種

一方、日本は、オナニー回数が多くセックス回数が圧倒的に少ない人種のようです。
日本では、昔から少子対策が騒がれていますが性行為の回数が非常に少ないので、これが問題となっています。そのため、セックス回数が少ない日本人が性欲発散のためにデマを流した可能性があります。

 

まとめ
 宗教的な理由でおな禁を課せられているが、飛びぬけてペニスが優れているという話は聞かない

 仏教では、僧残という13の厳しい戒律を課される修行がありますが、僧侶のペニスが大きいという話は聞かない

 日本はオナニー回数が多くセックス回数が圧倒的に少ない人種のため、おな禁でペニスが増大するという噂を広めた可能性がある

 

 

 

ペニスの成長は17歳まで

https://twitter.com/sabnock_yonsan/status/977530734134018048

こんな噂を聞いた事ありませんか?
それは、「思春期にオナニーを頻繁にし過ぎるとペニスが大きくならない」という噂です。
今回、思春期のオナニーとペニス増大の因果関係について調べましたので参考にして頂けたらと思います。

 

思春期の考え方

思春期は、とてもデリケートな時期なのでペニスの大きさやオナニーの仕方など、非常に多くの悩みがあげられる年代です。
特に自分のペニスが他人と異なるのか、勃起出来るのか、射精できるのかなどの悩みが多いです。

 

思春期のオナニー

思春期で行うオナニーは、折角の成長期なのに自分の手で強く圧迫しすぎたり、成長ホルモンを無駄に多く排出するという理由からあまりおススメしていない感じです。
そのため、正しい性知識を得る必要がありますね。

 

ペニスの成長について

医学的にアメリカ版のwikipediaでペニスの成長は、最高で遅くても17歳までと記載されています。
そのため、17歳までのオナ禁は、ペニスを大きくするのに効果的かもしれませんね。

 

まとめ
 思春期は、とてもデリケートな時期なのでペニスの大きさやオナニーの仕方について悩む年代である

 思春期のオナニーは、正しい性知識がないため、成長期に自分の手で強く圧迫しすぎる傾向がある

 アメリカ版のwikipediaによるとペニスの成長は、最高で遅くても17歳までと記載されている

 

 

 

オナ禁は男性ホルモンを減らしてしまう

https://twitter.com/KobaKobauro/status/1441969264475336706

結論から言うとオナ禁は、男性ホルモンのアンドロゲンを減らす結果となりますので、控えるべきではありません。
では、アンドロゲンが減ると人の体は、どのようになるのかご存じでしょうか。
今回、オナ禁と男性ホルモンの関係性について調べました。

 

オナニーのメリット

オナニーをする事のメリットは、常に新鮮な精子を作れる状態にしておく事にあります。
そして脳内では、性腺刺激ホルモンが分泌され、精巣である睾丸でテストステロンと精子が正しく作られるようになるのです。

 

オナ禁のデメリット

オナ禁をしてしまうと、性腺刺激ホルモンが脳内で減少します。
これによって男性ホルモンのアンドロゲンが減り、精子を作る働きが弱まるのです。
そして身体全体的に女性の体のようになり、体毛が薄くなることも考えられます。

 

セックスやオナニー

人間は、オナ禁をした場合、これを発散する機会としてセックスがあります。
ただセックスは、相手との合意が必要不可欠なのでいつでもと言うわけにはいきませんよね。
動物でも無理に禁欲している話は聞かないので無理に我慢することは、ストレスにしかならないのです。

 

まとめ
 オナニーにより常に新鮮な精子をストックすることができる

 オナ禁をすると精子を作る機能が低下する可能性がある

 オナ禁するならセックスをすることが大切

 

 

 

セックスの回数を増やすことが大事

https://twitter.com/hyper10GB/status/1344211230643298305

人間の体は、何もしなければどんどんと衰えていく性質を持っています。
その一環なのかある病院では、セックスをする事が体にいいのか?と聞かれることがあるようです。
そのため今回、セックスの回数について考えてみました。

 

精子の放出

精子は、定期的に放出した方が質が良くなります。
これは、精子の寿命が3日程度なので禁欲を続けると精液中に死んだ精子が増え運動率も悪くなります。
また射精しなさすぎると男性ホルモンは、徐々に減少していき男性的で健康的な体を維持できなくなります。

 

日本人はセックスレス人種

世界的に見て日本は、オナニーで性欲処理する傾向があり、セックスレスな人種のようです。
そのため、無理にセックスをするのではなく、適度に精子を排出するようにすると良いと考えます。

 

セックスのメリット

実際の所、セックスは、体に良いという報告も多くあがっています。

例えば、セックスを多くしている人は、女性経験も豊富になりますし、心身的、ホルモン的、精神的にも健康的になるようです。

 

まとめ
 精子は、定期的に排出するようにすると良い

 日本は世界的に見てもセックスレス人種である

 セックスを多く行っている人は、心身共に健康的な人が多い傾向がある

 

 

セックスや射精の際に必要となる男性ホルモンは、脳、血液、骨、血管、筋肉、脂質代謝にも効果があり、男性ホルモンが多い方が健康的である確率が高くなるようです。

そのため、積極的にオナニーやセックスをすべきであると考えます。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる