【ちんこ】中学生のちんこってどのくらいの大きさ?包茎でも大丈夫?

デカチン研究所松島です。

この記事は・・

 

「思春期のちんこが気になる」

「中学生のちんこってどうゆう状態なの?」

 

という方向けの記事です。

 

中学生のちんこについてプロの私が解説します。

 

目次

中学生のちんこは発展途上

https://twitter.com/Berebere1154/status/1521735861540327424

思春期になると男女共に性への目覚めが急成長していきますよね。

男子は、女子のまんこに興味を持ち、女子は男子のちんこに興味深々です。

そこでそんな気になっている方のために今回、男子の思春期のちんこについての話をします。

 

生涯で一番大きくなっていく時期

第二次成長が現れる思春期では、男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が生涯で一番活発となります。

これにより背丈や体格、顔立ち、性器に至るすべての部位が大人への体に成長していくのです。

これはすなわち生涯で一番、成長する時期がこの思春期と言っても過言無いかもしれませんね。

 

どのくらいの大きさなのか?

男子中高校生の多くは、他人と自分のペニスの大きさを比較し、自分のペニスが標準的な大きさなのかを気にしている人も多くいる事でしょう。

データ的には、一般的に16~20歳のペニスの大きさは、平均7.3cm、最小6cm、最大9.3cmです。

ちなみに最も大きいとされる年齢は、26~30歳のペニスで平均7.8cm、最小4.7cm、最大11.4cmです。

 

勃起しやすく敏感

思春期のペニスは、非常に勃起し易く、皮が剥ける仮性包茎が殆どとなりますのでペニスが非常に敏感です。

仮性包茎は、常に皮で守られているため、非常に刺激に弱いです。

これは、男性であれば誰しもが経験したことがあると思いますが、初めて亀頭が露出されたとき、あまりの敏感さにびっくりしたのではないでしょうか。

 

まとめ
  • 中学生は、男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が多く、体がやちんこが発展途上である
  • 男子中高校生のちんこの平均の大きさは7.3cmである
  • 思春期になるとテストステロン効果により勃起し易くなり、感度も敏感である

 

中学生で包茎は問題ない

中学生にとって男の子からオトコに代わるタイミングとしてチン毛が生えた時や皮がムケた時が良いバロメータとなります。

しかし毛は生えてもムケていない、いわゆん包茎の人も多くいるのが現実では、無いでしょうか。

こういった事で悩んでいる中学生も多くいるのではと思うので、今回、中学生の包茎について解説していきます。

 

徐々に剥けていく

ある調査によると中学3年生時点で皮が剥けている男子割合は、55%だと言われています。

そして高校生となるとこの皮が剥けている割合が75%、包茎が25%となります。

ここからも分かるように年齢を重ねていけば、徐々に剥けていく確率が上がるのですよ。

 

勃起時に亀頭が露出できれば問題なし

仮性包茎の軽度の場合、普段から包皮が亀頭を守っている状態ですが、手で簡単に皮を剥くことができます。

また勃起した時も同様、簡単に皮を剥く事ができ、痛みも伴いません。

そのため、ペニスは、いざと言うときに剥ければ全く問題ないのです。

ただし仮性包茎の重度となると剥くこと自体が厳しい状態となるので包茎手術をした方が良いでしょう。

包茎は、恥垢が溜まりやすく不衛生になる傾向があり、痒みや悪臭などの原因となりやすくなります。

そして性病にかかるリスクも高くなるので、出来るだけ普段から剥けていた方が良いのです。

 

敏感なので剥くのに抵抗が

剥けていないちんこは、パンツに擦れるだけでも痛いし、亀頭が何かに当たっただけでも反応しちゃいますよね。

こういった方は、ちんこが敏感になっているので、剥くのにも抵抗が必要ではないでしょうか。

これはもしかすると亀頭が過敏に反応してしまう亀頭過敏症かもしれませんよ。

こういった症状を早く見極める意味でも早めに剥くようにすると良いでしょう。

 

まとめ
  • 中学3年生時点でちんこが?けている人の割合は、半数以上となる
  • 中学生であれば、勃起時に亀頭が露出できれば問題ないと言える
  • 中学生のちんこは、亀頭が剥き出しになる事に慣れていないため、早めに剥くと良い

 

包茎回避は中学生の時の癖付けが重要

 

現在、包茎を気にしている中学生が非常に多くなっています。

もしも包茎が気になるのであれば、回避方法の一つとして早めに癖付けをする方法がありますよ。

そのため今回、包茎回避のための癖付けを観点に解説しますので、気にしている方は必見です。

 

癖付けで包茎を回避できる

一般的に包茎回避のために剥き癖を付けると良いと言われています。

ただ剥き癖には、仮性包茎で剥き癖を付けるパターンと真性包茎・カントン包茎で剥き癖を付けるパターンの2つに分ける事が出来ます。

仮性包茎の場合は、剥いたままの状態を維持し、包皮が被らなくなるようにする方法です。

真性・カントン包茎の場合は、剥けない包皮が剥けるようにする方法です。

 

亀頭の露出時間を少しずつ長くしていく

日頃から皮を剥いて亀頭の露出状態に体を慣れさせる必要があります。

これを行う事によって包皮が常に剥けている状態が癖付けされ、包茎が改善されるという流れです。

出来れば皮を剥いたまま日常生活を送れるよう出来る事がベストですね。

 

勃起時は皮をかぶせないように

勃起時のちんこは、非常に敏感な状態となっているため、刺激に対して鍛える意味でも出来る限り皮をかぶせないようにすることが重要です。

そのためちんこの皮が被ったら手作業でムイて、これを繰り返す事でムキ癖を付けるようにしましょう。

ただしこの方法は、とにかく時間がかかるだけじゃなく、ずっと続けていても本当にムキ癖が付くのかがわからないのが難点です。

 

 

まとめ
  • 包茎回避のために剥き癖を付けると良い
  • 日頃から皮を剥いて亀頭の露出状態に体を慣れさせると良い
  • 勃起時のちんこの時こそ出来る限り皮をかぶせないようにすることが重要である

 

中学生のちんこ事情について解説しましたが役に立ったでしょうか。

中学生は、思春期だけに難しい年頃となりますが、大人になるための準備期間となるため、非常に重要な時期となります。

そのため、正しい知識を身に付ける様にしましょうね。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる