【モテる】オナ禁をすると女性からモテるようになるのは本当?

デカチン研究所松島です。

この記事は・・

 

「オナ禁をしたらどうして女性にもてるの!」

「本当にもてるようになるのか?」

 

という方向けの記事です。

 

オナ禁でモテるようになるのか、確認してみましょう。

 

目次

オナ禁は適切に

オナニーのやりすぎは身体によくないとか、精力が衰える原因になるとか聞いたことありませんか?

オナ禁をしたら、良質な男性ホルモンが分泌されるようになって女性にもてるというネット上の記事も散見されています。

オナ禁の適切な方法についての情報を少し紹介してみたいと思います。

 

我慢しすぎるのはNG

オナ禁体験者の報告を見ると、だいたい1週間くらいのオナ禁が効果的というのが多いようですね。

長く我慢しすぎると、男性ホルモンの分泌が低下して、逆に精力が衰えてしまうこともあるみたいです。

またストレスがたまってしまって精神状態が不安定になる傾向もあるので、我慢しすぎない程度のオナ禁がおススメです。

 

一定期間のオナ禁を繰り返すことが適切

オナ禁が長すぎるのは逆効果で、一定の周期でオナ禁を繰り返すのが一番効果的です。

1週間のオナ禁、オナニーですっきり、また1週間のオナ禁みたいな感じで同じ感覚で継続すると、我慢していることでのストレスも徐々に減少してきます。

 

大きなストレスとなるようなら解除

1週間くらいのオナ禁を繰り返すのが良い傾向ですが、個人差があるので誰でも有効とは限りません。

オナ禁することでストレスが大きくなるようだったら、期間を短くするか、一時的にオナ禁を辞めるのも一つの方法です。

 

まとめ
  • 我慢しすぎると逆効果
  • 一定の周期でオナ禁
  • ストレスが大きいときは中断

 

オナ禁で女性にモテるようになる?

オナ禁が、いろんな意味でプラスになったという男性に聞いた話では、女性との出会いのチャンスが多くなったケースが多い傾向です。

女性にもてるためにオナ禁をする男性も最近は増えているみたいですが、どのような変化が起こっているんだと思いますか。

 

見た目の印象が変化し女性と話しやすくなる

オナ禁を続けている人は、人当たりが柔らかくなって女性から好印象をもたれるそうです。

また、一説によると、男性ホルモンの量が増えたり、良質なホルモンを分泌し、俗にいうフェロモンを発散している状態になり女性から誘われやすくなります。

 

筋肉が付きやすくなり魅力的に

オナ禁をすると、性欲が強くなってきますが、性欲が溢れるということは身体からエネルギーが発散されていることに繋がります。

そのエネルギーを発散するには筋トレがピッタリで、オナ禁中に筋トレをするとより筋力がアップし女性の目から魅力的な身体になってきます。

 

女性の気持ちを理解しやすくなる

女性との出会いが多くなったり、話す機会がオナ禁によって増えてくると女性に対してガツガツする感じが無くなってきます。

そうすると自然と女性の気持ちが分かってきたり、気遣いのできる男性になることもできます。

優しい態度が自然にできるようになると、女性からアプローチしてくることも期待できますね。

 

まとめ
  • 筋肉質になり魅力的な男性に
  • 見た目の印象が変わる
  • 女性に優しくなれる

 

オナ禁にもデメリットがある

オナニーのやりすぎはよくないと昔よく言われていましたが、オナ禁することもいいことばかりとは限りません。

何事もほどほどにするのが、一番効果が出るんじゃないかと思います。

オナ禁することでの弊害やデメリットについても知っておくと役に立ちます。

 

セックスをすると疲労感が残る

オナ禁を続けているときに、女性とセックスをすることになったとします。

恐らく、毎日オナニーしていた時よりも興奮度は増すので、セックスの気持ちよさ自体は高くなるでしょう。

でも、興奮度も刺激も強くなりすぎるので、セックス時の疲労感も増してくる可能性があります。

適度な疲労感が快感になる人にはおススメかもしれませんね。

 

早漏になる可能性も

オナ禁すると、妄想力や想像力アップに繋がり、オナニーした時もセックスした時も快感はアップします。

ですが、妄想力と興奮度がアップしているので、オナ禁前よりも早漏になることが多いようです。

 

オナニー回数が少ない男性は前立腺ガンのリスクアップ

オナ禁をするとテストステロン(男性ホルモン)の分泌量が減少し、穏やかな印象になると言われています。

その部分だけ捉えるとメリットになりそうですが、テストステロンの減少は、男性の更年期障害を発症する恐れがあります。

男性の更年期障害の治療にはテストステロンの補充療法をしなければなりませんが、この治療法を続けると前立腺がんが進行しやすくなるというリスクがあります。

 

まとめ
  • セックス時の疲れが増す
  • 早漏になりやすい
  • 更年期障害、前立せんがんのリスクが高まる

 

オナニーをやりすぎるのは大きなデメリットのように言われることが現在は多いと思います。

もちろん、精子が作られるペースよりも過剰にオナニーすればリスクがあるのかもしれませんが、適度にオナニーするのは健康維持のために悪いことではありません。

オナ禁にはメリットもデメリットもあるので、どちらにしてもほどほどにしておくのが一番ですね。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる