【中折れ防止】筋トレで体を鍛えると中折れ予防につなげられる?

デカチン研究所松島です。

この記事は・・

 

「中折れ対策をしたい」

「中折れすると男性も女性も辛いよね?」

 

という方向けの記事です。

 

中折れ予防に筋トレが効果的な理由を解説します。

 

目次

中折れはとても残念

 

中折れや早漏に悩む男性は、多くいる状態です。

その中には、セックスに対する自信のなさから中折れしてしまい、更に早漏を酷くさせてしまうケースもあります。

そこで今回、男性にはつらい、隣り合わせとなっている中折れについて解説したいと思います。

 

中折れとは?

中折れとは、性行為中に男性器が萎えて勃起状態を保つことが出来なくなってしまう事です。

また中折れにも様々なシチュエーションがあります。

例えば、ペニス勃起後に女性器に挿入出来た物の徐々に萎えてしまう、挿入する前まで硬かったのにいざ挿入しようとすると萎えてきて挿入できない状態となってしまうなどです。

 

情けない気持ちに

中折れしてしまうと男性側としたら情けない気持ちになる事でしょう。

そしてこれがトラウマとなって以降では、セックスが出来ない体になってしまうケースもあります。

また中折れの経験から勃起している内に射精しなければいけないというプレッシャーから早漏となってしまうケースも生まれてしまうようです。

 

女性も落胆

男性が中折れした時の女性の反応として男性のことを責めるような回答は、少なく、なさけない男と思う事、性行為を後悔する事、嫌悪感を抱く事と言った回答が多くあります。

また自分に要因があるのではないかと探してしまう女性も多く、自分に魅力ないのではないか、自分の事を好きではないのではないか等といった女性側が落胆してしまう場合もあるようです。

 

まとめ
  • 中折れとは、性行為中に男性器が萎えて勃起状態を保つことが出来なくなる現象である
  • 中折れすると男性側の立場から情けない気持ちになる傾向がある
  • 男性が中折れしてしまうと女性の立場から落胆してしまう場合もある

 

中折れ防止には筋トレがよい?

 

中折れは、男性としての自信を喪失させてしまうだけじゃなく、女性をも萎えさせてしまう事です。

そのため性生活において死活問題といっても過言ではないと思います。

今回は、そんな中折れの解消方法について解説しますので、勃起の持続力を向上したい方は必見ですよ。

 

男性ホルモンが強くなる

筋トレをすると成長ホルモン、テストステロン、ノルアドレナリン、ドーパミン、セロトニンといったホルモンの強化が期待出来ます。

これらホルモンは、脂肪燃焼や筋肥大の促進、やる気の向上、記憶力や情報処理能力の向上と言ったプラス方向へ導く事が期待出来る物なので、積極的に向上させると良いホルモンばかりとなります。

 

勃起力が上がる

筋トレを行うとペニスの根元から強化されますので竿全体、亀頭まで強化する事が出来ます。

またトレーニングを行うと全身の血行が促進され、体全体に行きわたる血液量が増えるのです。

血液量が増えると言う事は、興奮時に海綿体へ流れこむ血液量の増加が見込めますので、勃起力向上に貢献する事が出来ますよ。

 

持続力もアップ

中折れや勃起力と密接に関係している筋肉として有名な部位として骨盤底筋群があります。

この筋肉は、ペニスの血液をキープする働きを司っており、鍛える事で持続力を大幅にアップさせることが可能といわれています。

また筋トレでこれらの筋肉が鍛えられると、ペニスを支える根元もしっかりと固定出来るため、更に勃起持続に大きな影響を与えますよ。

 

まとめ
  • 筋トレをすると何種類かのホルモン強化が期待できる
  • 筋トレを行うと勃起力向上が期待できるようになる
  • 筋トレで筋肉が鍛えられると、勃起持続に大きな影響を及ぼす可能性がある

 

どのように筋トレを行うべき?

 

中折れ防止するための方法には、幾つかあります。

その中でも手っ取り早く出来る方法としてトレーニングがあります。

トレーニングなので少し、体が辛くなるかもしれませんが効果は、非常に高い方法となります

そこで今回、簡単に出来るトレーニングを伝授しますので是非、実践してください。

 

スクワット

スクワットは、中折れ改善や勃起力を高められるのに有効となる筋トレとなります。

またスクワットは、下半身の血流を改善して、男性ホルモンの分泌量を促す効果が期待できます。

実際のやり方は、①胸を張って体をまっすぐにし踵に重心をおく②足は肩幅に開いて手をクロスして屈伸運動を行う③呼吸は体を下すとき吸って、上げるときに吐く。

この動作を15回3セット、出来れば毎日行う事で効果が出ますよ。

 

ゆっくりと大きな筋肉を動かすトレーニング

PC筋トレーニングも中折れ改善に効果があるトレーニングです。

PC筋トレーニングは、軽度なED改善に効果的なトレーニングで、勃起時に血液を塞き止める事が出来ます。

実際のやり方は、①肛門を5秒間かけてゆっくり引き締める②その状態を5秒間キープする③肛門を5秒間かけてゆっくり開く

この動作を10秒休憩して15回ほど繰り返すと良いでしょう。

ゆっくりと大きな筋肉を動かすトレーニングなので、いつでも何処でも出来る特徴があります。

 

股関節周りを意識して

股関節は、骨盤と太ももの骨である大腿骨をつなぐ大きな関節です。

この関節の周りにある筋肉が連携して力を発揮するため、この部位を意識するようにトレーニングすると下半身の筋肉を全体的に底上げする事が出来ますので中折れ防止となります。

実際のやり方は、①仰向けで寝て片足を床から少し浮かせ、手はカラダの横へ置く②膝を伸ばしたまま、脚を天井方向へ持ち上げていく③限界まで上げたら元の姿勢に戻り、足は床につけずに少し浮かせた所で止める。

この動作を繰り返し、反対側も同様に行うとよいでしょう。

 

まとめ
  • 中折れ防止のためのトレーニングとしてスクワットが効果的である
  • PC筋トレーニングは、中折れ改善に効果的なトレーニングである
  • 股関節を鍛えると下半身周りの筋肉が全体的に鍛えられ中折れ防止に役立つ

 

筋トレを行うとペニス周辺の血流改善がされ、勃起持続が楽になる、男性ホルモンが活性化されて性欲そのものがアップするなど嬉しい効果が多く見込めます。

また心肺機能の持久力も高まり、性行為中の中折れ防止にも一役買いますので是非、実践して欲しいです。

 

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる