【オナ禁】成功させるための方法は?つらいときにはどうしたらよい?

デカチン研究所松島です。

この記事は・・

 

「オナ禁の正しい方法が知りたい!」

「オナ禁って本当に効果が有るの?」

 

という方向けの記事です。

 

オナ禁を成功させるための方法を詳しく教えますよ。

 

目次

オナ禁をするとどうなる?

 

オナ禁は、男性ホルモンであるテストステロンの増減が起こる行為であると言う事は、周知と思います。

では、実際にどのようにオナ禁をすれば、効率よくテストステロンが増えるのかご存じでしょうか。

そこで今回、どのようにオナ禁をすればよいのかを観点に解説をします。

 

1週間以上我慢するとテストステロンがアップ

オナ禁を1週間、我慢すると徐々にテストステロンがアップすると言うデータが出ています。

しかし一週間以上オナ禁すると逆にテストステロンが徐々に減少傾向するデータもあります。

そのため、もしもオナ禁をするのであれば、1週間を目安の実施するのがよさそうですね。

 

異性への接し方が変わる

ある程度のオナ禁は、精神を安定させる効果が期待出来るため、男性的な魅力を向上させることができます。

安定した精神を持つと異性への接し方が変わったり、高いパフォーマンスを私生活や仕事で発揮する事が出来る様になります。

これにより周りの評価を上げ、信頼感を得ることに繋がり、相手に好意を持たれるようになりますよ。

 

ポジティブな思考が身につく

オナ禁をすると頭の中の思考回路をポジティブ思考に変える事が出来ると言われています。

この大きな原因となっているのがテストステロンです。

テストステロンが高まるとポジティブになる事はもちろん、深い思考が可能になる、相手の気持ちが分かるようになる、メンタルが強くなると言われています。

 

まとめ
  • オナ禁を1週間、我慢すると徐々にテストステロンがアップすると言われている
  • オナ禁は、精神を安定させる効果が期待出来、男性的な魅力を向上させることができる
  • オナ禁をすると頭の中の思考回路をポジティブ思考に変える事が出来る

 

オナ禁はつらい!

 

https://twitter.com/m9qlvm/status/1518823760731643904

オナ禁は、テストステロンを上昇させる可能性もあり悪い事ばかりでもないのですが、辛いオナ禁生活を強いられると精神的にも非常につらい状態になる事でしょう。

そこで今回、オナ禁をすると精神面、身体面でどのような事が起こるのかを説明します。

 

性欲が抑えられなくなる

オナニーの気持ち良さを知っている方にとってオナ禁生活は、非常に辛い物となる事でしょう。

オナニーを我慢すると一時的にテストステロンが上昇傾向になるのですが、ピークを過ぎるとあとは減少するだけとなり、これにより男性機能が落ちたり、体の筋肉が落ちたりとマイナス要素満載となります。

また性欲が抑えられなくなるとオナニーだけの発散では、満足できなくなる人も少なからずいます。

こういった精神状態まで追い込まれると性犯罪まで発展しかねませんので無理なオナ禁は、控えましょうね。

 

発散できないとオナニーが頭から離れない

オナニーを抑止しすぎると精神が安定しない事があります。

こういった不安定状態や精神をうまくコントロールできる人なら良いのですが大概の人は、オナニーの事を考え出すとこれが頭から離れずに集中力も散漫になる事でしょう。

そのため、ある程度、我慢したら無理をせずに性欲を発散すると良いですよ。

 

ストレスとなってしまう

過度なオナ禁を行うと葛藤が生まれストレスになります。

こういった精神状態でのオナ禁は、逆効果になる場合があるので注意しましょう。

ストレスは、ホルモン分泌の敵だと言われており、不安定要素満載です。

ちなみにストレスを溜めるとそれに対抗するための成分コルチゾールが分泌されるのですがこの成分は、テストステロンを逆に減らしてしまうホルモンなので、増やさない方が良いですね。

 

まとめ
  • オナ禁によって性欲が抑えられなくなるとオナニーだけの発散では足りなくなる場合がある
  • オナニーを抑止しすぎると精神が不安定となり、オナニーの事で頭がいっぱいになる事がある
  • 過度なオナ禁によってストレスを溜めるとテストステロンを逆に減らす結果となる

 

オナ禁を成功させるには

 

オナ禁を成功させるコツなんてあるの?と思っている人もいるかもしれませんね。

コツは、立場や状況が人それぞれと違いますので、出来ると断言できないものであります。

しかしコツは必ず存在します。

そこで今回、オナ禁を成功させるための方法等を観点に解説します。

 

趣味に没頭できる時間を確保してから行う

オナニーを行うのは、何か実施してから行うと言う方法があります。

例えば自分の好きな趣味の時間を増やして、これが終わったらオナニーを実施すると良いでしょう。

趣味や没頭できる時間が長くなればなるほど、オナニー頻度も下がり、丁度良い頻度になると思いますよ。

 

オナニーをしたくなったら運動(筋トレ)をする

年齢を重ねるたびに筋トレの効果が実感しにくくなる感じに襲われた事ないでしょうか。

実はこれ、テストステロンが減少しているからなんですよ。

年齢を重ねると避ける事が出来ないのは、老いですが、これテストステロンが減少する一つとなります。

しかしオナニーをしたくなったら運動をして、生成されるテストステロン量を増やしてからオナニーをすれば、効率の良い筋トレを実践する事も出来るし、性欲も満たされるので良い事尽くめとなりますよ。

 

勃起してしまったら放尿

ペニスが勃起してしまったら放尿すると治ま事があります。

男性の身体的機能として勃起している時は、膀胱出口の弁が閉じた状態となりますので基本、尿が漏れないようになっています。

これは、電気のスイッチのような感じですね。

逆に言えば放尿を行うと勃起解除状態となりますので、勃起を抑えられる事に繋がるのです。

 

まとめ
  • オナ禁をするのであれば、趣味に没頭できる時間を確保してから行うと良い
  • オナニーをしたくなったら運動をしてから行うと、心身共に満たされる結果となる
  • ペニスが勃起してしまったら放尿すると性欲を抑えられる可能性がある

 

オナ禁を成功させるためには、モチベーションが重要なカギとなります。

しかし日常生活において常に気を高めているとストレスにも繋がります。

そのため趣味を持ったり、性欲を抑える方法を試すのが近道となりますので是非、今回、紹介した方法を試して頂けると良いかと思います。

 

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる