【カリ高】カリとはどこ?どのくらいの大きさがカリ高と言えるの?

デカチン研究所松島です。

この記事は・・

 

「カリについて詳しく知りたい!」

「カリ高ってどうなの?」

 

という方向けの記事です。

 

カリ高について、プロの私がどこよりも詳しく教えますよ。

 

目次

カリとはどこ?

https://twitter.com/jonuchee/status/1523618579366641664

カリとはカリ首や亀頭冠、あるいは亀頭溝とも呼ばれるもので、陰茎と亀頭との境目にあるエラの張った段差部分のことを指します。

キノコで例えると、カサの裏のヒダの部分、茎からみると真横に張り出している部分のことになります。

 

亀頭のくびれた部分

陰茎から亀頭にかけて一旦くびれてから跳ね返るように張り出している部分をカリと呼びますが、カリは第二次性徴の時期に包皮が剥けることによって成長すると言われています。

この部分のハリが大きく張っていて、陰茎よりも太く窪みが深い形状のものをカリ高やエラ張りと言い、理想のペニスとされています。

 

亀頭の大きさはカリが重要

第二次性徴の時期に包皮を剥いて亀頭を露出させておく癖をつけると、亀頭が成長してカリも大きく張り出します。

この時期に包皮を剥かず亀頭を露出しない状態のまま過ごすと、亀頭の成長が妨げられて包茎になってしまったり、カリが小さく先細りの形になってしまうことに繋がります。

 

大きくエラを張っていると強い亀頭

包皮を剥いて亀頭を露出させる癖がつくと、カリが張り出して亀頭の形状も大きく変わりますが、それ以外にも下着などとの摩擦によって亀頭部分の皮膚が厚くなるという変化も起きます。

カリが大きく張り出し、亀頭の表皮が厚くなることで、少々の刺激にも耐えられる強い亀頭となります。

 

まとめ
  • カリとは陰茎と亀頭の境目にある、大きく張り出した部分のこと
  • カリは包皮を剥いて亀頭を露出させる癖をつけることで大きく張り出す
  • カリのエラが大きく張り出し、亀頭の表皮が厚くなると亀頭全体が強くなっている証拠

 

カリ高の基準とは

カリが大きく張り出している形状を「カリ高」と言います。

多くの男性にとってカリ高は、「包茎になりにくい」ということや「男としての自信に繋がる」、「女性を喜ばせることができる」といったようなメリットがあると考えられています。

しかしカリ高と言われるカリの大きさは、いったいどれくらいのものを指すのでしょうか?

 

多くの人は0.5cmほどの高さ

カリ高の測り方としては、陰茎に定規を当てて、そこからカリの一番高いところまでを測るという方法です。

どのくらいあればよいのかという厳密な決まりがあるわけではないですが、平均的な数値としては、0.5cmほどの高さとされています。

カリが高い人は、カリが低い人に比べると、やはり男性器がかなり立派に見えます。

 

カリ高の明確な基準はない

では、どれくらいの高さがあればカリ高といわれるのでしょうか?

実はカリ高にも明確な基準はありません。

しかし平均的な数値である0.5cm以上の高さがあればカリ高と呼んでも差し支えないでしょう。

カリを高くする手術が確立しているほど、カリの高さは男性にとっては重要とされています。

 

堅さも重要な基準

男としての自信にも繋がるカリの高さですが、やはりカリが高いというだけでは女性を満足させることはできません。

女性に喜んでもらうためには、カリの高さだけでなく、カリの堅さも重要な基準となってきます。

いくらカリが高くても、柔らかくて力強さがなかったりするとやはり問題があるのです。

 

まとめ
  • 一般的なカリの高さはおよそ0.5cm
  • カリ高と呼ばれるカリは0.5cm以上
  • カリは高さだけでなく堅さも重要

 

カリ高のメリット

https://twitter.com/dokidokidaiji/status/1525699268786331648

ペニスの形状がカリ高であると、「女性を喜ばすことができる」ことや、「男として堂々とした自信が持てる」というようなメリットがあるとされています。

逆に、カリが低い先細りのペニスは包茎になる確率が高く、どうしても貧相に思えて、女性にも消極的になってしまいがちになるのではないでしょうか。

 

ペニスに力強さを感じられる

カリが高い形状のペニスは、輪郭が立派に見え、力強さが感じられます。

特に勃起時においてカリが高いペニスは、迫力があって魅力的に見えます。

いくら長くてもカリがないのは駄目、とか、ペニスは長さよりもカリの高さが重要、という女性もいるほどです。

 

包茎になりにくい

カリが高いと包皮がカリに引っかかるので、包茎になりにくいというメリットもあります。

包茎が解消され、亀頭が常に剥き出しの状態になると、見た目にいいだけでなく、カスが溜まったりしにくくなるため衛生的にも清潔な状態になります。

 

セックスの感度が高い

勃起時にも包茎のままの状態のことを真性包茎と言いますが、真性包茎はセックスの際、包皮が邪魔をして刺激を感じにくく、射精障害や勃起障害、男性機能の低下を招く原因になると言われています。

カリ高になって包茎が解消できると、セックスの際の感度も上がることになり、上記のような障害になる危険性も下がることになります。

 

まとめ
  • カリ高のペニスは力強く魅力的に見える
  • カリが高いと包茎になるのを防ぐことができる
  • 包茎が解消できるとセックスの際の感度も上げることができる

 

 

陰茎から亀頭に繋がる、大きく張り出した部分をカリと言い、その部分が陰茎から0.5cm以上の高さがあると、一般的に「カリ高」と呼ばれます。

カリ高は包茎になるのを防ぐことができ、ペニスを清潔に保つことができます。

他にもカリ高は、ペニスを力強く、魅力的な印象にする効果があり、セックスをする際にも感度が上がりますので、男としての自信に繋がります。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる