【オナ禁効果】オナ禁は意味ない?オナ禁で得られる効果とは

デカチン研究所松島です。

この記事は・・

 

「オナ禁のメリットデメリットについて知りたい!」

「オナ禁って結局どうなの?」

 

という方向けの記事です。

 

オナ禁の効果について、しっかりお伝えしますよ。

 

目次

オナ禁が意味ないと言われるのはなぜ?

オナニーを禁止する、すなわち「オナ禁」という行為は、効果があるという意見と効果はないという意見に真っ二つに分かれます。

効果があるという意見に多いのは、肌艶がよくなってニキビが治るとか、モテるようになる、というものですが、何年か前は、オナニーをしたほうがニキビは治りやすいと言われていた時期もあり、医学的な信憑性が低いという見方もあります。

どちらが医学的に正しいのかは今後も検証を続けなければなりませんが、経験的には良いとされていることが多いのも事実です。

 

決定的な証明ができないから

オナ禁否定派に多い意見として、科学的に、あるいは医学的に決定的な証明がされていないから、というものがあります。

確かにオナ禁に対する効果は科学的に認められているわけではありません。

しかし、大勢の人間が実際にやってみて得た効果の蓄積があるのもまた確かなことです。

 

デメリットを強調して考えがち

オナ禁をするのは実はかなり大変なことです。

その大変な作業から逃げたいあまりに、「オナ禁に効果はない」という考え方に飛びついてしまう人も多いのではないでしょうか。

しかしそうした人は、自分で勝手にオナ禁のハードルを高くしているだけなのかもしれません。

 

つらさやストレスを感じてしまうから

オナ禁はストレスが溜まってしまうから逆効果である、という意見も多く聞かれます。

しかし、ストレスが溜まってしまうようなオナ禁の仕方は、間違ったオナ禁であると言えます。

なるべくストレスを溜めず、オナニーとは違う方法でストレスを発散しつつ、つらくないように続けるのが正しいオナ禁と言えます。

 

まとめ
  • オナ禁の効果には科学的な根拠はあまりない
  • しかし経験的なデータの蓄積があることは否定できない
  • 正しいオナ禁の方法を知れば、ストレスなく続けることができる

 

オナ禁はメリットがたくさん

効果がないかもとも言われているオナ禁ですが、実はさまざまな効果があることが分かってきています。

オナ禁の効果としては、肉体的なものから精神的なものまで多岐にわたります。

オナ禁によって得られる効果を知り、特にいらないという人はオナ禁をする必要はないかもしれません。

しかしその効果を期待する人はオナ禁を試してみる価値はあるでしょう。

 

テストステロン値が上昇

テストステロンとは代表的な男性ホルモンで、男性に第二次性徴をもたらし、男性的ながっしりとした体つきや前向きな考え方に切り替えるためのホルモンと言われています。

オナ禁をすることでこのテストステロンの分泌量を増やすことができ、男性としての魅力をアップさせることができるとされています。

 

肌質も改善できる

オナニーをすると、射精時に精液とともに体内の亜鉛成分も放出しています。

この亜鉛は肌の代謝に関わる成分であり、亜鉛が不足すると肌荒れやニキビなどの原因になると言われています。

つまりオナ禁で亜鉛の放出を防ぐことで肌質も改善させることができるのです。

 

女性に好感を持ってもらいやすくなる

テストステロンはモテホルモンとも呼ばれているホルモンで、テストステロンを多く分泌している男性は、男としての自信に満ち溢れ、活動的になり積極性が出ると言われています。

オナ禁をしてそのテストステロンを増加させると、自然と男性としての魅力が溢れ出て女性にモテやすくなるのです。

 

 

まとめ
  • オナ禁をすることで男性ホルモンであるテストステロンを増加させることができる
  • テストステロンが増加すると男性としての魅力が高まる
  • 亜鉛不足にもならないため肌質の改善も見込める

 

オナ禁は我慢しすぎてはいけない

上記に挙げたように、オナ禁にはさまざまなメリットがありますが、しかしだからといってやり過ぎるとデメリットも出てきます。

正しいオナ禁のやり方を知って、無理なく続けていくことが成功の秘訣です。

 

我慢しすぎはストレスになる

オナニーを我慢しすぎると、イライラしてしまってストレス溜まる、という人も大勢います。

オナ禁に限らず、我慢のし過ぎは体にもよくありませんし、精神的にも悪い影響を及ぼします。

ストレスが溜まるからオナ禁をしないというのではなく、ストレスの溜まらないオナ禁の方法を見つけるべきなのです。

 

したくなったらしても良い

ストレスの溜まらないオナ禁の方法としてもっとも手っ取り早いのが、「オナニーをしたくなったらする」ということです。

もちろん、毎日してしまってはオナ禁にはなりませんので、一定の間隔を空けながらするということになります。

最適な間隔は、1週間ごとと言われています。

 

射精一歩手前で止めてもOK

どうしても我慢できないというときは、オナニーをしても構いません。

しかしオナニーをするときも、最後のフィニッシュはやめておきましょう。

射精しないことで、オナ禁を続けていることと同じになります。

射精の一歩手前で止めるというのは慣れるまでは難しいかもしれませんが、慣れるとうまくできるようになります。

 

まとめ
  • オナニーを我慢しすぎるというのもあまりよくない
  • ストレスが溜まるときはオナニーを解禁するのもひとつの方法
  • 最適な間隔は1週間に一度

 

 

オナ禁は男性ホルモンであるテストステロンを増加させ、魅力的で活発な男性へと変化させてくれるひとつの効果的な方法です。

しかしひたすら我慢すればいいというものではありません。

1週間に一度は性欲を解放して、健康的でストレスの溜まらないオナ禁を続けていくのがいいでしょう。

 

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる