【オナ禁】1年間オナ禁をするとどのような変化が現れるのか?

デカチン研究所松島です。

この記事は・・

 

「オナ禁すると何が良いの?」

「オナ禁の正しい知識が知りたい」

 

という方向けの記事です。

 

オナ禁でどんな変化が現れるのか、しっかりお伝えします。

 

目次

通常のオナ禁は?

 

SNSやネットを検索するとオナ禁をしている男性は、非常に多いようです。

でもオナ禁を間違った方法で実施すると逆効果となるって知っているでしょうか。

またオナ禁をするメリットを正確に答えられる人が、いるでしょうか。

そこで今回、1~3週間程度のオナ禁をした際の効果について解説します。

 

1~3週間程度

オナ禁を1週間~3週間行うと体の中のテストステロン量が増加し性欲や活力が非常に強くなります。

テストステロンは、男性らしさを構成するために重要な性ホルモンです。

ある研究データによるとオナ禁をする事で筋肉がつきやすくなったという報告も上がっています。

 

テストステロンを高めるのに効果的

1週間程度、オナニーを我慢すると徐々にテストステロンがアップすると言われています。

反対に一週間以上オナ禁すると逆にテストステロンが徐々に減少傾向するとも言われています。

そのため、少しでもテストステロンを高めたいのであれば、適度なオナ禁をする事で効率よく上げる事が出来そうですね。

 

体調改善にもなる

テストステロンが増大すると筋肉量を増やす事も出来ますし、性機能をアップさせる事も可能となります。

またテストステロンが増えると仕事やプライベートをポジティブに取り組める様に出来るようです。

更に肌状態が良くなったり、肝機能が改善されるなど体調面に於いても改善される可能性があります。

 

まとめ
  • オナ禁を1~3週間行うとテストステロン量が増加し性欲や活力が非常に強くなる
  • オナ禁は、テストステロンを高めるのに効果的な方法である
  • オナ禁をするとテストステロンが増加し体調面も改善される可能性が高くなる

 

1年間オナ禁をすると

 

SNSやネット上では、短期間のオナ禁を実施している人が多くいるようです。

では、長期間実施した場合、どのような効果が出てくるか気になっている人もいる事でしょう。

一つ言えることは、長期間のオナ禁は、非常に辛い物となると言う事。

そこで今回、1年間オナ禁をするとどうなるかを観点に解説します。

 

テストステロンには逆効果

ある程度のオナ禁は、テストステロン向上に非常に効果的となり、男性らしい身体付きや性欲向上に前向きになる事でしょう。

反対に長期間のオナ禁を行うとテストステロン量が徐々に減少していきます。

この際のテストステロン量は、完全に無くなくなるわけではないのですが、気持ちも後退気味となるため、テストステロンには逆効果となる事、まず間違いないでしょう。

 

異性に対して反応しなくなる

テストステロンは、コミュニケーション能力にも影響を与えます。

特に男性機能が高くなると子孫繁栄のための行動として異性を求める機能が向上します。

しかしテストステロンが著しく減少すると他人に対しての興味が無くなる可能性も出てきます。

その結果、コミュニケーション能力が低下し、異性に興味を示さなくなったり、異性がセクシャルな行動を取っても反応が薄くなってしまう事もありますよ。

 

性欲を感じなくなる

性欲とテストステロンは、非常に密接な関係がある事がわかっています。

テストステロンの役割は、異性を惹きつけるフェロモンやドーパミンを発生させて、勃起などのスイッチに繋げていく働きがあります。

そのため、このテストステロンが減少してしまうとこの性欲に関する性能が著しく低下する可能性が高くなります。

 

まとめ
  • ある程度のオナ禁は、テストステロン向上に効果的だが、過度なオナ禁は、逆効果になりうる
  • 過度なオナ禁を行うと異性に対して体が反応しなくなる可能性がある
  • テストステロンが減少すると性欲自体を感じなくなる可能性がある

 

オナ禁は期間の長さが重要ではない

 

オナ禁をするのであれば、出来るだけ短期間で実施すべきと考えます。

特に期間を長く実施したからと言って良くなるという事はないでしょう。

今回、オナ禁を長期間実施した際のデメリットについて纏めましたのでこれからオナ禁を始める人は是非、参考にして下さい。

 

長すぎる禁止期間はNG

オナ禁をするとテストステロンを上昇させる効果が有りますが、短期間のオナ禁がおススメです。

長期間のオナ禁は、テストステロン減少となるだけでなく、精神的にも非常につらい状態になります。

そのため、オナ禁をするのであれば、期間に拘るのではなく、しっかりと目的を持って行う事が重要です。

 

ストレスに感じてしまうのもダメ

過度なオナ禁を行うとストレスに感じてしまう事もあります。

こういった精神状態で継続して行うオナ禁は、逆効果になる場合があります。

一般的にストレスは、ホルモン分泌の敵だと言われています。

特にテストステロンの減少は、間違いなく起こる事でしょう。

またこのホルモンが減少すると様々なマイナス要因を生む事となりますよ。

 

短期間のオナ禁を繰り返す方が効果的

短期間のオナ禁は、テストステロンが上昇、長期間のオナ禁は、テストステロンが減少します。

テストステロンが上昇すると様々なプラス要素を生みます。

例えばポジティブな考えとなったり、深い思考が可能になったり、メンタルが強くなるなどです。

そのため、もしもオナ禁を実施するのであれば、短期間のオナ禁を何度も繰り返す方が効果的です。

 

まとめ
  • 長い欲禁生活は、精神的にも非常につらい状態になる事がある
  • 過度なオナ禁を行うとストレスに感じてしまう事もあり、様々なマイナス要因を生む結果となる
  • オナ禁するのであれば、短期間のオナ禁を繰り返す方が効果的となる

 

短期間のオナ禁であれば、ストレスを多少、感じる事でしょうが、テストステロン上昇が感じらるようになり、プラス要素が多くなるかと思います。

一方、長期間のオナ禁は、体が辛くなったり、ストレス過多によるマイナス要素が多いためおススメできませんよ。

 

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる