【早漏改善薬】早漏を薬で治したい!

どうも!早漏研究家松島です!

いざという時のために早漏を手っ取り直したいと考えている人は、多くいると思います。

その際、薬はとてもお手軽です。

ただ薬は、人によって絶大な効果を発揮することもありますが、副作用があることを決して忘れてはいけません。

そこで早漏研究家の私が今話題の薬について、使い方や注意事項を伝授いたします。

 

早漏薬①飲み薬プリリジー(ダポキセチン)

商品名プリリジーとして知られるダポキセチンです。

 

ダポキセチンの効果

ダポキセチンは、早漏治療薬のプリリジーの主成分となっている薬です。

そもそも射精は、自律神経がリラックス状態から興奮に切り替わるため発症します。

そしてダポキセチンは、脳内の神経伝達物質のひとつであるセロトニンの快感を増幅する作用を持つドパミンや緊張、不安といったストレスを抑制する働きがあります。

これにより射精までの時間を一時的に伸ばすことが可能となります。

 

ダポキセチンの使い方

ダポキセチンには、30mg錠と60mg錠があり一般的には、60mg錠がスタンダードとなっています。

飲み方もとても簡単で食事の影響を受けないので、いつでも服用できる手軽さが強みです。

またセックスを行う1~3時間前に服用すると丁度よい時間になるため時間調整をすると良いでしょう。

また人によっては、服用しても効果が不十分かなと思うこともあるようです。

その場合は、1日2回まで服用することが出来ますが、飲み過ぎには充分に注意が必要です。

 

[st-mybox title=”まとめ” webicon=”” color=”#757575″ bordercolor=”#f3f3f3″ bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

・ダポキセチンは、自律神経がリラックスさせる働きがある

・速攻性に優れているのでセックスをする時間帯に合わせて服用する良い

[/st-mybox]

 

ダポキセチンの値段

ダポキセチンは、脳内物質であるセロトニンの分泌量を調整出来る医薬品です。

一般的にプリリジーは、実績や知名度共に高く、世界的に利用者が多いとされる薬なので安全性、有効性、知名度で購入を考えている方は、特にオススメ出来る薬です。

値段は、プリリジー1錠辺り約2300~2500円が相場となっており、多くの医療機関で扱っています。

ただし医療機関でプリリジーを処方すると診察代も必要となるため、通販等で購入するのがオススメです。

 

ダポキセチンの副作用

ダポキセチンは、睡眠薬、鎮痛剤、抗真菌薬などとの併用が出来ません。

副作用として有名なのは、めまいや立ちくらみが起こることです。
そのため特に車の運転、高所作業を行う方が服用する場合は、充分に注意する必要があります。

ただ副作用も効果時間が経過すると嘘の様に症状が軽くなります。
もしも効果時間が過ぎても継続する場合は、医師に相談することをオススメします。

 

[st-mybox title=”まとめ” webicon=”” color=”#757575″ bordercolor=”#f3f3f3″ bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

・ダポキセチンは、世界的に服用されている薬

・稀にめまいなどの副作用が起きるが効果時間が過ぎると改善される場合がほとんど

[/st-mybox]

 

早漏薬②塗り薬(スプレー)の効果と使い方

塗り薬の効果

早漏防止薬で有名な薬は、VPMAXスプレーです。

VPMAXスプレーは、局所麻酔に使用される成分として有名なリドカインが含まれており、第2類医薬品に指定されています。

そのため、亀頭や陰茎にスプレーをすることで麻酔効果が生まれ、性的刺激を鈍らせる効果や射精時間を伸ばす働きがあります。

またVPMAXスプレーは、性的刺激に対して過敏な方や性行為の経験の少ない方に有効なものとされています。

 

塗り薬の使い方

スプレータイプの早漏防止薬は、性行為の30分前に陰茎にスプレーを2~3回吹き付けることで効果を発揮します。

スプレー後は、シャワーで流すかコンドームを使用する事をオススメします。

この理由は、成分が付いたままの状態で生で挿入すると女性にも麻酔成分が移り、女性の感度が低下する場合があるため、気持ちの良いセックスが出来なくなる可能性があります。

また一度のスプレー回数は、3回以上はオススメしません。

多くスプレーすると、かゆみ、かぶれ、発疹が発生する確率を上げることはもちろん、麻酔効果が強くなり、感度が低下してしまう可能性もあります。

 

[st-mybox title=”まとめ” webicon=”” color=”#757575″ bordercolor=”#f3f3f3″ bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

・塗り薬は、即効性に優れているが、使用量の注意が必要

・セックスをする30分前にスプレーをするだけ効果を発揮出来る

[/st-mybox]

 

塗り薬の値段

VPMAXスプレーは、軟膏などと違い噴霧するだけの手軽さと有効成分が多く含まれている特徴があります。

価格は、約10回使用出来る物で3000円が相場。

また購入場所も処方箋とは違い通販サイトやドラッグストアー等で購入することが可能です。

ただVPMAXスプレーを取り扱っている通販サイトやストアは限られているので注意が必要です。

もしも購入出来るサイトを見つけたら必ずキープして置くと良いでしょう。

 

塗り薬の副作用

VPMAXスプレーは、医薬品となるので、どうしても副作用を避けることが出来ません。

主な症状としてかゆみ、かぶれ、発疹等を上げることが出来ます。
ツイッターでも重大な副作用となった方は、ほとんどいないと思いますが、稀にショック、不整脈、チアノーゼ、意識障害など重要障害になる場合もあるようなので使用の際は、充分に気をつける必要があります。

万一、身体に異変を感じようなら恥ずかしがらずに掛かり付け医に相談するのが良いでしょう。

[st-mybox title=”まとめ” webicon=”” color=”#757575″ bordercolor=”#f3f3f3″ bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

Amazonや楽天などの一部の通販サイトやドラッグストアー等で購入可能
まれに重要障害となることもあるため、気になる場合は、掛かり付け医に相談すべし

[/st-mybox]

 

松島のコメント

薬は、早漏を一時的に解消するのに有効な手段となりますが、薬の類は、何と言っても副作用が伴うため、充分な注意が必要です。

早漏を直す以前に体がおかしくなっては、元も子のないのでそこは、しっかりと管理する様にしましょう。

>

本気でデカチンを目指す方向けのサプリメントはこちら