【亀頭増大】お勧め&安い亀頭増大クリニック徹底比較|値段・割引情報・ヒアルロン酸種類・リパス・口コミ|デカチン

デカチン研究所松島です。

 

「亀頭増大ってどうなの?」

「安い亀頭増大はどこ?」

「亀頭増大の注入物は?」

 

こんなあなたの声にこたえます。

どこよりも詳しい亀頭増大まとめです。

 

亀頭増大ならABCクリニック一択!

 

松島自身がヒアルロン酸亀頭増大したクリニックの中で一番よかったのが

ABCクリニック!

いまはABCクリニック一筋でほかのクリニックには一切行かなくなった、そんくらいお勧め。

 

亀頭増大3割引き!

\ 30%OFF! /
ABCクリニック亀頭増大

予約備考欄に割引コード「スリープロジェクト」と入力!

 

 

 

ABCは亀頭増大注入がマジ上手い!

 

いろんなクリニックで亀頭増大を受けた俺だからわかるのは、亀頭増大って医師の技術とセンスで仕上がりが全然違う

へたな医師に入れられてボコボコにゆがんでドリチンみたいにダサチンコになって悔しかったこともあった。

 

デカチン研究所松島
亀頭増大をするならまずはABCクリニックに行くべき!

 

松島がABCクリニックにしか行かない理由

ABCクリニックで受けたときは「こんなに綺麗に仕上がるんだ!」って感激した。

亀頭のエラ部分がぐっと張り出すようにしてくれて、勃起させると「これが俺のチンコ?!」てくらいにデカくて感激!亀頭にしか入れてないのに!

 

ABCクリニックの亀頭増大は

①エラが反り返って見えるように注入してくれる
②少ない量で大きく見せる技術がある

これほんと。

俺みたいにハズレクリニックで団子みたいなドリチンになって時間と金を無駄にしてほしくない。

 

上手い理由は亀頭増大の症例数が多いから

仕上がりが違いは技術力。

技術があれば浅い層に入れられるので効果的にデカく見せられるんだとか。

ABCクリニックは、亀頭増大の症例数が国内トップクラスだし、

泌尿器科専門医指導医が在籍しているから技術レベルはお墨付きなんだよね。

 

亀頭増大症例数 泌尿器科指導医 亀頭増大費用
ABCクリニック 超多い 在籍あり 安い(4.4万円~)
上野クリニック 超多い 在籍なし 高い(13.2万円~)

 

上野クリニックは症例数は多いけど、費用が高いので俺は無理。

 

 

ABCクリニックは3割引きキャンペーン中

HPでは公表されてないので行った人にしかわからないが、

実はABCクリニックは3割引きキャンペーンをやっている。

 

割引前 割引後
ABCクリニックヒアルロン酸(1本) 4.4万円 3,08万円 最安値

 

ABCクリニックの亀頭増大割引予約

ABCクリニックの亀頭増大割引予約はここからいけます。

 

キャンペーンを適応条件は

ABCクリニック3割引き予約方法

①3日以上前からの予約

②予約フォーム備考欄に割引コード「スリープロジェクト」と入力

これだけ。

 

亀頭増大3割引き!

\ 30%OFF! /
ABCクリニック亀頭増大

予約備考欄に割引コード「スリープロジェクト」と入力!

 

 

 

亀頭増大注入術の実際

思っている以上に亀頭増大は簡単ですぐ終わります。だいたい10分くらいで終わる。

 

亀頭増大の流れ

亀頭増大術とはいうけれど手術ではない。

診察室でペニスをだして注射して「ハイ終わり」という感じ。あっけない。

 

亀頭増大こんな感じ
施術時間 10~20分
痛み 瞬間的に結構痛い
術後の腫れ・出血 ほとんどない
SEX/オナニー 数日後からOK!
手軽度 ★★★★★

 

 

亀頭増大の痛み

みんなが気になるのは痛みだと思う。

以下、松島自身の亀頭増大経験。

 

松島が経験した痛み

針は結構細い。麻酔のテープを張るので「ブスリ」とさす感覚はあまりない。
問題はジェルを注入するときの痛み。鈍いような奥に響くような痛みが続く。
予定外だったのは、亀頭周りを一周注入していくために何度か刺しなおすこと。
耐えられないほどじゃない、でも「イテテテ、イテテ」って感じ。
箪笥の過度に小指ぶつけた痛みよりは全然楽。

 

亀頭増大のメリット

亀頭増大のメリットはとにかく「即効性」。手軽で確実だ。

とくに近々にセックスの予定がありコンプレックス解消しておきたい人にとってはこれ以上ない選択だろう。

 

亀頭増大のメリット
  1. 速攻確実に亀頭だけをデカくすることができる
  2. 理想の形に作ることができる
  3. 数日後にすぐセックスができる

 

亀頭増大のデメリット

亀頭増大の最大のデメリットはやはり費用だろう。

 

亀頭増大のメリット
  1. 費用が高い(5~20万円)
  2. 痛い

 

手軽だけどそれなりに高額、というのが亀頭増大である。

 

亀頭増大3割引き!

\ 30%OFF! /
ABCクリニック亀頭増大

予約備考欄に割引コード「スリープロジェクト」と入力!

 

 

亀頭増大が向いている人

亀頭増大に向いているのはこんな人

  • 努力なしにすぐにデカチンにしたい
  • 近々にセックスの予定がある
  • 永遠に持続しないことを割り切れる

 

 

亀頭増大の安全性・トラブル

安全性のことについても触れておこう。

亀頭増大も少ないがリスクがある。

 

変形・アレルギーのリスク

注入した物が変形して亀頭の形がいびつになっちゃったり、アレルギー反応を起こして赤くなったりすることがある。

これを防ぐ方法は実に簡単。

ヒアルロン酸などの「吸収性物質」を選べばよろしい。

 

ヒアルロン酸って?
ヒアルロン酸はもともと体内にある物質で女子もよくプチで整形に使っている。万一変形やアレルギーがあっても溶かすことができるから安心。

 

ペニス壊死のリスク

なんとおそろしい・・・・!

といってもまず起こらない。起きた場合もチンコ全体が黒くなることはなく、シミのように一部分が黒くなることがほとんど。

 

ペニス壊死を防ぐには?
ペニス壊死の原因は針先が血管を詰まらせたことによる”血管塞栓”が原因。
症例数豊富な医師を選ぶことで回避できる。

 

 

亀頭増大の値段

亀頭増大の値段は実はクリニックによってピンキリ。

ぼったくりを避けて、安くて良心的なクリニックを選ぶのがコツ。

 

亀頭増大費用比較表

有名なメンズクリニックのヒアルロン酸の価格を比較した。

亀頭増大の値段
ABCクリニック 6.16万円 安い!
ノーストクリニック 11万円
上野クリニック 13.2万円
MSクリニック 11万円
エストクリニック 10万円

かなり価格に幅があることがわかるかと思います。

 

ヒアルロン酸最安値

上記調査によるヒアルロン酸の最安値は

 

ヒアルロン酸最安値
6.16万円(ABCクリニック)

 

ということになりました。13.2万円の野クリニックと比較すると2倍も差があることがわかりますね。

 

価格差の理由

なぜこんなに費用に差があるのでしょうか。

 

使用するヒアルロン酸の種類

ヒアルロン酸と一口に言っても種類は恐ろしいほどたくさんあります。

大雑把に分けると①顔用ヒアルロン酸 ②ボディ用ヒアルロン酸の2種類。

仕入れ値は値段は①顔用>②ボディ用です。

安いクリニックはたいていボディ用ヒアルロン酸を使っています。

 

ボディ用ヒアルロン酸は固くて持ちがいいのでペニス用に適しています。その反面固いためちゃんとした注入技術が必要。
個人的には、ボディ用ヒアルロン酸を使ってるクリニックのほうが技術力が高いと感じます

 

 

クリニックの考え方

亀頭増大は健康保険を使わない自由診療なので、クリニック側が自由に値段を決められます。

高級路線のクリニックは高く、大衆路線のクリニックは安く設定します。

高いから上手、安全、ということは全くありません。

むしろ安いほうが症例数が多くなるので技術力は上がる傾向にあります。

 

亀頭増大結局いくらかかるの?

亀頭増大は、注入量に応じて費用が増えるシステムです。

メンズライフクリニックであればこんな感じ。

亀頭増大価格(ヒアルロン酸)
1cc 6.16万円
2cc 12.32万円
3㏄ 18.48万円

だいたい2~3㏄入れる人がほとんどです。

そうすると総額は12万円前後

ちなみに同じ量を上野クリニックで受けると26.4~39.6万円

全然違いますよね。

 

亀頭増大の注入物はどれがいい?

松島は亀頭増大なら「ヒアルロン酸一択!」と思うけれど、一応全種類説明しておく。

 

ヒアルロン酸

注入物の王道。チンコだけではなくご婦人が鼻や顎などによく使う。

亀頭増大ヒアルロン酸
メリット 副作用やトラブルが少ない
デメリット いつか吸収される

 

ヒアルロン酸の種類

ヒアルロン酸といっても実は種類がたくさん。

最近は使っているヒアルロン酸の名前を公表するクリニックも増えてきた。

特徴
テオシアル スイス製、アレルギー出にくい。顔用
ジュビダーム 厚労省認可。もとは顔用。
ビアシー 長期持続型。韓国で主流のペニス用素材
ヒアライン ヒアルロン酸+アパタイト(非純粋ヒアルロン酸)
SUB-Q(ハイアコープ) 高分子ヒアルロン酸。ボディ用。仕入れ値は安い
エクシード ABCクリニックで使われている
HAC-40 ハイアコープより濃度が高く硬い
べラビータ やわらかい顔用素材
高分子ボラステン 架橋化されたヒアルロン酸。韓国で使用。
ニューラミスジェル 韓国メディトックス社のヒアルロン酸。最近の流行り

みんなそれなりに違うんだけど、ヒアルロ二ダーゼで溶かせる点は一緒。顔ではなく亀頭に入れる分にはさほど違いは気にしなくていい。すなわち値段で選べばよろしい。

 

ヒアルロン酸以外の物質

続いてヒアルロン酸以外の物質を説明していこう。

コラーゲン

厚労省認可のフィラー(注入物)。安全性は高いが即効性に乏しい。あまり効果感じないかも。

 

脂肪

腹や尻などの脂肪を吸引して遠心分離しペニスに注入。亀頭には定着が悪いといわれているのであまりお勧めしない。陰茎増大ならいいのでは。

幹細胞と混ぜて注入する方法もあるが最近は下火。

 

非吸収性物質。おすすめしない

ここからは非吸収性の物質。残留するけれど変形やアレルギーのリスクがあり取り出せないのが特徴。あんまお勧めしない。

リパスG

言わずと知れた有名注入物。

ダーマライブ

古い素材。硬化して異物肉芽腫になることがある。裁判でたまに見かける。

 

パーフォーム(バイオアルカミド)

アルキルイミド基(4%)と水(96%)からなるゲルポリマー。パーフォームとして名前を変えて新しい素材として登場したがもとからある素材。

 

エランセ

溶ける糸で使われるポリカプロラクトンを砕いたもの。コラーゲンに置き換わるといわれる。そのぶん即効性ない。

 

レディエッセ

骨化するカルシウムハイドロキシアパタイトを含む素材。骨に置き換わるといわれる。鼻にはいいけどペニスにはどうかな?

ノビエール

主成分ポリメチルペタクリエイト。あまり情報がない。

 

ネオポリアミド

ポリアミド系なのでアクアフィリングに近い素材であると思われます。

 

アクアミド(ハイドロジェル)

ソフトコンタクトレンズの原料と同じ成分。日本ではいち早く亀頭増大に使われてきた。トラブルもそれなりにある。個人的に最悪。

 

注入物はヒアルロン酸を選ぶこと

亀頭増大の注入物はほんっと―にたくさんあるんだが、初心者はかならず「ヒアルロン酸」を選ぶこと。

何かあっても溶かして元に戻せるし、アレルギー等のリスクも低い。

慣れてきたら溶けない成分をちょっと使うのもアリでしょう。

>

本気でデカチンを目指す方向けのサプリメントはこちら