【東京亀頭増大】東京の安くて上手い亀頭増大クリニックベスト6-カリ高

泌尿器科看護師のマミヤです。

 

「東京で一番安い亀頭増大はどこ?」

「東京のおすすめ亀頭増大クリニックは?」

 

そんなあなたの疑問にプロがどこよりも詳しくお答えします。

 

総合1位 ABCクリニック(新宿院・神田院)

ABCクリニック情報
診療時間 9:00~20:00
休診日 なし
最寄り駅 新宿院 JR新宿駅南口5分
神田院 JR神田駅東口1分
立川院 JR立川駅南口5分

東京のお勧め亀頭増大クリニックNo.1は

ABCクリニックです。

 

亀頭増大3割引き!

\ 30%OFF! /
ABCクリニック亀頭増大

予約備考欄に割引コード「スリープロジェクト」と入力!

 

 

 

秋葉原中央クリニック

秋葉原中央クリニック
亀頭増大手術料金 7.7万円~
取り扱い注入物 ヒアルロン酸・パーフォーム・アクアミド
初診料 なし
院長名 植木 健太郎
住所 東京都千代田区神田佐久間町2丁目20番地 翔和秋葉原ビル2F

 

メンズ治療に力を入れたクリニック

秋葉原中央クリニックは、亀頭増大はじめ包茎手術、早漏治療、陰茎増大、ED治療、AGA治療、シリコンボール、長茎術、パイプカット、ブツブツ除去、STD検査など男性の下半身治療に力を入れている。

下半身系以外にも脱毛、美肌、二重術などの整形手術も行っている。

院長の植木健太郎先生は、福岡大学医学部卒業後形成外科医として京大病院はじめいくつかの施設で形成外科医として研鑽を重ねたのち2021年に秋葉原中央クリニックを開設されました。

 

秋葉原中央クリニックの亀頭増大

秋葉原中央クリニックの亀頭増大
パーフォーム 22万円
アクアミド 16.5万円
ヒアルロン酸 11万円

秋葉原中央クリニックの亀頭増大で使うフィラー(注入物)は、ヒアルロン酸、アクアミド、パーフォームの3つ。

価格帯的にはやや高いイメージ。高分子ヒアルロン酸が1㏄あたり11万円であるが、メンズライフクリニックであれば3.3万円である。

他施術と併用であればそれぞれ3万円程度安くなるが単体ではやはり高めの値段となっている。

また院長の植木健太郎先生は経歴から亀頭増大の経験はほぼないことがうかがえるため、積極的なおすすめポイントは見当たらない印象。

 

池袋GOHクリニック

池袋GOHクリニック
亀頭増大手術料金 5.5万円~
取り扱い注入物 ニューヒアルロン酸
初診料 なし
院長名 末光 豪
住所
東京都豊島区南池袋1-19-3 池袋嘉泉ビル4F

 

池袋にある独自路線のメンズクリニック

池袋GOHクリニックは平成21年に開設され12年の実績のあるクリニック。旧称は池袋東口クリニック。

院長の末光 豪先生は、杏林大学医学部卒業後形成外科で勤務し平成17年より美容外科業務に従事。その後平成23年に独立されています。

メニューは、包茎手術、ブツブツ除去、シリコンボール。特徴は保険取り扱い医療機関であるため性病治療および検査は保険対象となる。

ただし、包茎手術含め亀頭増大等はそもそも保険適応ではないので完全実費であることに注意。

 

池袋GOHクリニックの亀頭増大

池袋GOHクリニックの亀頭増大
ニューヒアルロン酸 5.5万円

池袋GOHクリニックの亀頭増大での取り扱いは、ニューヒアルロン酸のみ。アクアミドやパーレーンといった非吸収性の注入剤の取り扱いはナシ。

価格はまあまあ安めではあるが、そもそも保険治療を多く取り扱っているため亀頭増大の症例件数は多くないと予想される。

 

西新宿杉江中央クリニック

西新宿中央杉江クリニック
亀頭増大手術料金 4.4万円~
取り扱い注入物 べラビータ、アクアミド、NEWアクアミド
初診料 なし
院長名 杉江佳哉
住所
東京都新宿区西新宿7丁目10‐18 4階

 

実績ある老舗の美容外科クリニック

西新宿中央杉江クリニックは、中央クリニックグループの新宿本院。開院以来30年の実績を持つ実力派美容形成外科。

亀頭増大のほかは、包茎手術、長茎手術、早漏治療、ブツブツ除去、ED治療、シリコンボール、パイプカット、偽睾丸、性感染症、AGA治療とフルコース。

ただし男性専用ではなく基本的には女性向けの美容外科なので注意。

院長の杉江善哉先生は、東京慈恵会医学部卒業後2年目にして美容外科勤務を開始、その後広島中央クリニック院長を経て2019年に西新宿杉江中央クリニックの院長になっており美容外科としてのキャリアは十分。麻酔科の専門医。

 

西新宿杉江中央クリニックの亀頭増大術

西新宿杉江中央クリニックの亀頭増大費用
NEWアクアミド 13.2万円
アクアミド 11万円
ヒアルロン酸(べラビータ) 4.4万円

価格帯はやや安めの設定。

特徴はヒアルロン酸にべラビータを使用している点。多くの美容外科では、ヒアルロン酸はボディ用であるマクロレーン(ハイアコープ)が用いられるが、西新宿杉江中央クリニックでは柔らかめのべラビータという種類を使用。

NEWアクアミドというのは正式名称がアクアミドリコンストラクション。従来のアクアミドよりより硬さがあり、鼻や顎の整形で骨代わりに使われる硬度がある素材。

近年、アクアミド自体があまり使われなくなってきているので、アクアミドリコンストラクションの導入自体珍しいですね。

アクアミドは安全性の面から徐々に下火になってきているので若い先生はあまり使用しませんが、古い先生は昔から使い慣れているということもあるのでしょう。

個人的には少量であればまあいいのかなと思います。

 

高須クリニック

 

 

 

銀座みゆき通り美容外科

新宿形成外科

新宿御苑メンズクリニック

アテナクリニック東京銀座院

有楽町美容外科クリニック

大井町ヒフ科形成外科

ドクターゴールドマンクリニック

東京新宿メイルクリニック

銀座長澤クリニック

AGクリニック銀座

>

本気でデカチンを目指す方向けのサプリメントはこちら