【プロが教える】精力がつく食べ物

御覧の皆様こんにちは!デカチン研究家の松島です。

今回は精力がつくといわれる食材について、分析結果をまとめてお知らせしましょう。

 

松島イチオシ精力剤

松島のおすすめ精力剤は、ヴィトックスα。

勃起力をささえる、L-シトルリン、L-アルギニン、亜鉛がマックスパワーで配合されている。

精力増強サプリはほとんどが同じ主成分なので、コスパの良さで決めるのが正解!

2021年現在、1箱を13,824円で購入するともう1箱付いてくるので、実質1箱約6,912円になる!!

松島が3年飲んでる精力増強サプリ!

\ 8/23まで一箱無料! /
精力剤
ヴィトックスα公式


泌尿器科の医師も認めた実力だから安心!

 

精力がつく食べ物① 牡蠣

牡蠣に含まれる成分について

精力がつく食材と言ったら、ニンニクという人が多いと思いますが、ニンニクに関しては様々なメディアで紹介されることも多いので今回は省かせてもらいました。

ここでは牡蠣を最初に紹介しちゃいましょう。

牡蠣は海のミルクといわれるほどで、健康な生活を送るために欠かせない栄養素も豊富に含んでいます。

もちろん精力をアップさせる栄養素もたくさん含まれていますが、精子をつくることと、性欲を増進させる効果のある亜鉛が豊富に含まれています。

また、スタミナをつける、疲労回復の効果のあるタウリン(栄養ドリンクで有名)もたくさん含まれているのがいいですね~。

あと若干下ネタになりますが、牡蠣の形が女性器を想像させるところなんかも精力アップにはいいかもしれませんね!

 

精力アップに繋がる牡蠣の栄養素は4つ

生でも鍋でも焼いてもなんでもおいしく食べることのできる牡蠣は、滋養強壮・精力アップ効果のある食材といて精力剤やサプリメントに牡蠣エキスの成分が多く使われています。

牡蠣から抽出される牡蠣エキスは、栄養素の塊ですが、精力アップにつながる栄養素は大きく4つ含まれています。

 

4つの栄養素は精子を作る必需品

一つ目は、栄養ドリンクでおなじみのタウリンです、タウリン○○㎎配合などとよく広告に記載されているように滋養強壮・活力上昇の効果があります。

次はシトルリンですが、精力剤の主剤として有名な成分で、血流のアップ、精子の製造能力をアップさせる効果のあるスーパーアミノ酸として話題です。

そして亜鉛は、精子のもとになる成分として、グリコーゲンは健康な肉体の維持に欠かせない成分です。

 

まとめ
多くの必須栄養素が含まれている牡蠣は精力アップ・滋養強壮に欠かせない食材です。
定期的に摂取して、精力を維持できるように頑張りましょう

 

精力がつく食べ物② あさり

 

日本人のちんこの硬さは魚介類のおかげ?

実際に医学的に検証したわけではありませんが、魚介類をたくさん摂取する日本人の男性のちんこが欧米人に比べて硬いのは貝類に含まれる精力増強成分が影響しているという噂が流れたことがありました。

根拠はないので何ともですが、魚介類を食べる量が減って肉食になってきた最近の日本の男性は、身体は大きくなりましたが、セックスに興味を持たない中性的な人が増えているのも事実ですよね~。

 

松島お気に入り増大サプリ!

\ 9/13まで一箱無料! /
増大サプリ
ヴィトックスα公式

泌尿器科の医師も認めた実力だから安心!

 

 

あさりは精力がつく

貝類には精力を強くする成分が多く含まれているそうですが、味噌汁の食材として有名なあさりも精力がつく食材として昔から食されています。

シジミやあさりは、そのまま食べるよりも朝食の味噌汁として食べることが多いと思いますが、味噌汁にすることで栄養素が身体に吸収されやすいというのもいいですね。

味噌汁以外では、炊き込みご飯にして、栄養素を丸ごと摂取するのもおススメです。

 

あさりに含まれる精力アップ成分

あさりに最も多く含まれる精力成分は、鉄分です、鉄分は血液を増やす効果がある栄養素で、貧血予防に欠かせないものとして有名です。

日々の活力を生み出すビタミンB12が多く含まれているのもあさりの大きな特徴です。

また精子を作るときに欠かせない亜鉛や栄養ドリンクの成分として有名なタウリンも豊富に含んでいます。

これだけの成分を含んでいるわけですから、勃起力・精力アップのために積極的に摂取することをおススメします。

 

まとめ

あさりは男性機能をアップさせる栄養素が豊富に含まれる食材ですが、シジミやホタテなども含め貝類を食事の中に増やすことが精力の維持に繋がる
夫婦円満を続けるためにもぜひ試してほしいですね

 

精力がつく食べ物③ ウナギ

 

夏バテ防止にウナギ

夏になって暑い日が続くと身体がばててきて体力が衰えることはもちろん、夜の活力(精力)も減退してきませんか。

こんな時は精のつくものを食べて夏バテを吹っ飛ばそうなんて言う言葉をよく耳にしますが、こういう時に最適といわれるのがウナギです。

 

ウナギといえば精力の元

ウナギは、スタミナがつく食材で夏バテ防止にぴったりで土用の丑の日にウナギを食べるのも暑い夏を乗り切るためだといわれています。

ウナギは味的には癖があってあの独特な苦みがダメという人もいますが、食べれられないところがなく栄養素も満点です。

またまた余談ですが、ウナギのあの形がちんこをイメージさせるため、精力がつくといわれるようになったなんていう説もあるようで・・。

 

ウナギに含まれる成分

見た目で精力がつくと言われたかどうかは定かではありませんが、昔から精力アップになる食材として知られているウナギには、たんぱく質が豊富に含まれています。

たんぱく質はスタミナ増強や夏バテを防ぐ効果がある成分で身体を元気にしたいときにぴったりです。

また、ビタミン類も豊富で、粘膜の正常状態保持効果のあるビタミンA、栄養をエネルギーに変換するビタミンB1・B2のほか。

生殖機能を高めてくれるビタミンEも多く含まれています。

精力と直接関係はありませんが、DHAやEPAなどの近年注目される健康成分も含まれています。

 

まとめ
精のつく高級食材としてのイメージが強いウナギは、見た目の形以上に精力増強効果のある食材
最近は、低価格のウナギも売っていますので、定期的に食べてちんこを元気にしましょう

 

精力がつく食べ物④ 青魚

青魚は精力アップにいい?

日本は海に囲まれていて、魚介類が豊富に採れるところが食文化にも大きな影響を与えていますが、魚介類を多く食べることが精力の増強につながるという説もあります。

ウナギ・シジミ・あさりなどが男性の精力増強効果のある食事として知られていますが、青魚も精力増強・滋養強壮効果のある食材です。

青魚といえば、鯖、秋刀魚、鰯などが挙げられると思いますが、寿司の定番、鮪やたたきがおいしい鰹もここに分類されます。

青魚には、脳の活性化効果のあるDHAも豊富に含まれているので、知力・体力・精力のすべてをアップさせるためにもより多く摂取するのがいいでしょう。

 

青魚の成分について

青魚はウナギと同様に、たんぱく質を豊富に含んでいます、タンパク質はエネルギーとして必要な成分ですが、筋力・体力を効果的にアップさせることもできます。

また必須脂肪酸もたくさん含まれているので、高血圧や動脈硬化などの成人病の発症を防ぐ効果もあります。

 

青魚はタウリン、鉄分が豊富

このほかに、疲労回復・滋養強壮効果のあるタウリンも青魚には含まれています。

中でも鰹は血液量アップに欠かせない鉄分が最も多く含まれているので、勃起力の低下に悩んでいる人は鰹を使った食事を増やしてみるのもいいかもしれません。

 

まとめ
青魚の成分としては、目玉の裏側にあるDHAが大きな話題になりましたが、精力増強効果のある成分も豊富に含まれている
肉食もいいですが、青魚を多めに食べて、強いちんこで女性を喜ばせてみませんか。

 

松島のコメント

身体が疲れた時や、夏バテを感じた時の栄養補給に適した食材は、精力の減退を抑制する効果があるものが多いですね。

牡蠣やウナギは昔から有名ですけど、あさりや青魚などの魚介類も精力アップの食材なのは、金額も手ごろですごくいいと思います。

 

最近ちんこの勃ち具合がもう一つと悩んでいる人は、ここで紹介した食材を多めに食べて、元気になりましょう。

 

>

本気でデカチンを目指す方向けのサプリメントはこちら