【2021保存版】包茎手術の費用まとめ-健康保険・相場・最安値・キャンぺーン・学割を網羅

泌尿器科看護師のマミヤです。

包茎手術の費用について、どこよりも詳しくまとめました。  

ABCクリニック割引予約


 

30%OFFキャンペーン中!


\ 包茎手術が5万円→3.3万円! /
ABCクリニック
割引ページ

備考欄に「スリープロジェクト希望」と入力してください。

 

 

全国20院のクリニック包茎費用比較

  仮性包茎 カントン包茎 真性包茎 備考
ABCクリニック 3万円 3万円 3万円 キャンペーン
エーツークリニック 5万円 12万円 15万円  
エストクリニック 5万円 12万円 12万円 抜糸+3万円
大宮中央クリニック 5万円 12-17万円 14-20万円 抜糸+3万円
千葉中央美容 7万円 10-17万円 13-20万円  
小倉中央美容形成 7万円 13万円 13万円  
新宿中央クリニック 7万円 10万円 12万円 抜糸+3万円
神戸中央クリニック 7-15万円 10-17万円 13-20万円  
広島中央クリニック 7万円 10-17万円 20万円 抜糸+3万円
タウン形成 10万円 15-20万円 15-20万円  
新宿御苑メンズ 9.8万円 14.9万円 29.8万円  
青山セレス 10万円 15万円 17万円  
名古屋美容外科 12万円 15万円 15万円  
メイルクリニック 12.9万円 16.2万円 18.3万円  
新宿形成外科 15万円 16-18万円 19万円  
船橋中央クリニック 15万円 17万円 18万円  
平均 8.8万円 13.8万円 16.2万円  

包茎手術を自費で行っているクリニック全20件の費用を比較しました。 健康保険外の包茎手術の費用は医師が自由に設定できるのでバラつきが大きいのがわかりますね。

 

仮性包茎手術の平均費用

上記の表をもとにすると・・

仮性包茎手術費用の平均
  費用
  仮性包茎手術   平均 8.8万円

ちなみに、日本人の包茎の8割が仮性包茎といわれています。

仮性包茎とは、「手で剥いて亀頭が露出できる」程度の包茎です。  

 

カントン包茎手術の平均費用

 

カントン包茎手術費用の平均
  費用
  カントン包茎手術   平均 13.8万円

カントン包茎とは、仮性包茎と真性包茎の間の状態です。

勃起したときに手で包皮を剥き下ろすと、亀頭の途中またはすぐ下で包皮が止まってしまう、締め付けを感じる、などの人はカントン包茎です。

 

真性包茎手術の平均費用

真性包茎手術費用の平均
  費用
  真性包茎手術   平均 16.2万円

  真性包茎とは、勃起してもしなくても亀頭を全く露出できない状態です。 カントン包茎よりさらに重度の包茎といえます。  

 

包茎手術最安値

包茎手術費用の最安値は、ABCクリニックの3万円です。

これにはからくりがあります。

ABCクリニックは通常、クランプという器具を使て行うスタンダードな包茎手術費用が5万円となっています。

ところが、「スリープロジェクトキャンペーン」という3日前の予約で5→3万円になるのです。

3万円というと、健康保険を使って行う包茎手術とほぼ同額であり、相当安いといえます。

現時点では、ABCクリニックの3万円が最安値です。

どこよりも詳しいABCクリニック記事はこちら

 

健康保険を使える人&使えない人

健康保険を使って包茎手術を受ける場合、手術費用は2万円前後、総額で3万円程度です。

どうせなら保険を使って安くうけたいですよね! でも、健康保険にはデメリットがあります。  

 

健康保険を使った包茎手術のデメリット

 
  1. 手で剥けない真性包茎しか適応できない
  2. 古い術式なので、傷跡が残る
  3. 経験の少ない医師が手術を行う

  そもそも健康保険を使える人が少ないうえ、デメリットも多い。

私は基本的に健康保険を使って包茎手術することに反対です。

健康保険を使った包茎手術についてはこちら

 

包茎割引キャンペーン一覧

包茎手術のキャンペーンや割引しているクリニックをまとめました。

   
ABCクリニック 包茎手術3万円キャンペーン
ノーストクリニック 学割7万円→6万円
AYC銀座形成 学割7万円→6万円
エストクリニック 学割12.6円→8.4万円
かじクリニック熊本 学割・シルバー割 10%オフ

包茎手術単体のキャンペーンや割引を行っているところは多くはありませんが、学割は結構あります。

学生の方は学割ができるか確認してみましょう。  

 

二重価格に注意!

包茎手術を扱う美容クリニックの中には、二重価格を提示しているところがあるので要注意です。

二重価格って? 「いまだけ○○円!」とうたいながら、常時その割引価格であること。 本来安い方の価格であるにもかかわらず、割引に見せかける手法です。
二重価格の例
安い分には二重価格でもいいのですが、「今だけ」といわれて焦って飛びつかないようにしましょう。  
 

騙されない!包茎手術費用の知識

一般の人が知らない包茎手術の費用にまつわる大事なことをまとめていきます。

抜糸+3万円のナゾ

包茎クリニックによくあるのが、「抜糸の場合+3万円」というもの。

これは何でしょうか?  

 

溶ける糸で縫うことで、抜糸の手間をなくす

包茎手術は、皮を切って縫い合わせるわけですが、そのとき

  • 溶ける糸
  • 溶けない糸

のいずれかを選ぶことになります。

溶ける糸を選ぶと、手術後3週間ほどで糸が溶けていくので、抜糸の手間がなくなります。  

 

抜糸がなくてうれしいのはクリニックだけ?

クリニックとしては、包茎手術後に抜糸のために来院されると、その分医師の時間も割かれるので、できれば来てほしくありません。

そのため、手術後の再来院で抜糸をする抜糸式は、+3万円となっているのです。  

 

良心的なクリニックは、抜糸無料。

はっきり言いますが、

溶ける糸よりも溶けない糸で縫った方が傷はきれいに治ります。

患者さんにとっては、包茎手術後に来院する抜糸式のほうがよいのです。

そのため、一部の良心的なクリニックは溶けない糸(ナイロン糸)をスタンダードで使いますし、抜糸する場合も抜糸料などはもらいません。  

 

「高い≠上手い」値段と技術力の関係

包茎手術の費用も気になるけど、大切なペニスを預ける以上、当然ながら上手な先生に任せたいですよね。

安ければどこでもいい、というわけではありません。

包茎看護師&医療コンサルタントの早紀がいいたいことは、

値段と技術力は全く無関係だということです。

高いからうまい、安いから下手、ということは全然ないです。 むしろ安いクリニックのほうが件数をこなしているのでうまいです。  

 

包茎手術の技術力は、症例数×心がけ

私は看護師として、何人かの医師の包茎手術の介助についてきましたが、上手い下手は非常にはっきりしています。

へたくそな医師は、圧倒的に症例数が足りません。

考えれば当たり前のことですが、包茎手術は数を重ねるほどうまくなります。

あなたが包茎手術を受けるなら、情熱をもって、毎日包茎手術をやっているような医師を選んでください。

包茎手術の症例数でみるクリニック比較記事はこちら

 

包茎手術で100万円!?悪徳医師に注意

包茎手術クリニックは、①症例数が圧倒的に多いので病院よりも技術力が高く、②傷跡が残らない術式で受けられるため、基本的におすすめできます。

しかし、悪徳クリニックには注意しないといけません。

健康保険が利かない自由診療の医療機関であることを知らずに施術を受け、費用が100万円を超えることも。 https://www.huffingtonpost.jp/withnews/operation_trouble_b_11078372.html
私は業界の人間なので、この悪徳クリニックがどこかわかっています。
またこのクリニックに限らず悪徳クリニックはどこも同じやり方なので、みなさん騙されないよう覚えておいてください。  
 

加算式クリニックに注意

次の項目で詳しく説明しますが、包茎手術の費用が雪だるま式に増えるクリニックがあります。
「あなたは、包皮が癒着してるから剥離手術も必要」 「亀頭が小さいから、ヒアルロン酸注射も必要」 とあれこれ言われて、ドンドン手術費用が増えてしまうのです。
 
どうして100万円とかになっちゃうの?
「ヒアルロン酸注射(※)」が原因です。
ヒアルロン酸注射は1㏄8万円~で最大10㏄くらいまで入れられます。
「亀頭を大きくしないとまた皮が被るよ」 「女性にモテるペニスにしたほうがいい」 などといわれるがままにしているとあっという間に「+○○万円」になります。
ヒアルロン酸注射はやるとしても最初は1~2ccで十分!
※「永久に持つ」との触れ込みでアクアミド、ダーマライブを勧められることがありますが、これらは安全性が担保されてないので避けたほうがいいです。
 

カウンセリング当日に絶対手術をしないこと

いいですか、絶対にカウンセリング当日に包茎手術を受けないでください。
カウンセリング当日に、 「今日手術するなら〇割引です」 「急いで手術しないと危ないですよ」 こんなことを言われたら絶対にそのクリニックで手術してはいけません。
少なくとも2件以上カウンセリングに行き、比較することが大切です。
 

自分を守れるのは自分だけ

包茎専門クリニックは技術力があるのでお勧めなのですが、残念なのは1割程度悪徳クリニックが混じっていることです。
そういうクリニックは本サイトでは掲載していませんが、あなたも自分自身を守るために事前に知識を付けておくことを忘れないでください。
 

優良クリニックでも多少の勧誘はある

普通の病院に行って、手術を受けることを勧誘されることはまずないでしょう。
だけど、健康保険外の包茎クリニックでは多少の営業・勧誘はあります。
わかってほしいのは、勧誘=悪ではないこと。 包茎クリニックは、基本的に営利目的なので多少の営業はするのです。
しかし、病院よりも症例数が多く技術力があるのは間違いありません。
優良クリニックへ行き、営業をサラリとかわしながら、包茎手術を受ける、 というのが一番結果がいいと思います。  

包茎手術の費用は複雑!加算式クリニックに注意

包茎手術の費用はクリニックによってバラバラ。
はっきり言ってめちゃくちゃ複雑なので、普通の人にはよくわからないと思います。
おおきくわけて①加算式と②包茎種類別の2種類があります。
 

加算式クリニックの場合

加算式費用の代表がタートルネックの男のCMでおなじみ上野クリニック。
上野クリニックの費用を見てみましょう。
手術名 料金 特長 カウンセリング アフターサービス
包茎手術 (ナイロン糸) ¥72,000 ナイロン糸による環状切開術となります。 無料 無料
包茎手術 (吸収糸) ¥100,000 吸収糸を使用した環状切開術となります。 無料 無料

上野クリニックの包茎手術費用①
上野クリニックの包茎手術は、加算式です。
まず、ナイロン糸か吸収糸か選びます。
この時点で72,000円か100,000円。  
さらに、包茎の状態によって美容形成術というのを追加で勧められます。 ↓これが実に厄介。
美容形成術・焼灼 料金 備考
美容形成術 ¥110,000 ~ ¥600,000 包皮の状態により、料金には個人差がございます。 希望される項目により金額が変わります。

上野クリニックの包茎手術費用②

最大で、包茎手術(吸収糸)100,000円+美容形成術600,000円=70万円まであり得るということです。  

70万円の包茎手術の内訳

たとえば、 仮性包茎、抜糸なし(ナイロン糸)、亀頭小体温存(裏筋を残す) という組み合わせにすると最終的な金額は、①と②の表を合わせた金額282,000円になります。
あれ、意外と高いな?と思いませんか。
こういう加算式のクリニックで包茎手術を受けると、ドンドンオプションを乗せられて値段が高くなることがあるので要注意なのです。
>

本気でデカチンを目指す方向けのサプリメントはこちら